大人女子のためのWebメディア
検索
2020年05月27日更新

元彼をストーカー化させないお別れのお作法

フルときはこんなことに気をつけて!元彼をストーカーにさせないお別れのお作法

別れる際、別れ方によっては恋人がストーカーになる場合があります。そのため、相手を振る場合は十分に気を付けた方がいいでしょう。そこで、元カレをストーカー化させない別れ方についてご紹介します。

徐々に態度で示していく

別れる前から徐々に態度で示していくと、相手が気持ちの準備をできます。別れる前日まで頻繁に連絡をしたり、「好き」と伝えたりしていると、突然別れを切り出されても彼は納得できません。気持ちの整理ができないと、真相を確かめたいという思いから、しつこくつきまとったりするなどストーカー化してしまう場合もあるのです。

気持ちが離れた時から連絡の回数を減らすといいでしょう。電話や会った時も今までとは違う態度にし、声のトーンやテンションを抑えるのも効果的です。例えば、メッセージでは「絵文字やスタンプの回数を減らす」「短い文ですます」などの行動をすれば、気持ちが離れたことを自然に伝えられます。

別れたい理由はしっかりと伝える

男性にとって別れる理由が明確でない時は、未練が残ってしまいます。「あなたはいい人」「もっといい人がいる」と言われると、「ではなぜ別れる?」と疑問が残ってしまうでしょう。中途半端な理由だと、相手は納得できず、ストーカーになってしまいます。別れたい理由はしっかりと伝えましょう。

相手を傷つけない別れ方は理想ですが、相手を気遣い過ぎると、未練を残してしまいます。嫌だったことや別れを決意した経緯など、冷静になって話せるといいのです。また、新しく好きな人ができた時には、正直に伝えても構いません。ただし、「好きな人がいる」という事実だけ話し、具体的に相手の名前は伝えないのがマナーです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter