大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男性が「対面は印象よかったのに…」とガッカリしてしまうLIN...
2020年03月21日更新

男性が「対面は印象よかったのに…」とガッカリしてしまうLINEの特徴5つ

男性が「対面は印象よかったのに…」とガッカリしてしまうLINEの特徴5つ1画像

「あっ、この人いいかも!」と思えたら、次はLINEで仲良くなろうと考えますよね。
なのに、LINEを重ねていくうちに彼の返信がどんどん遅くなり、次第に疎遠に…
「会ってた時は、あんなに楽しく話したのに、なんで!?」という経験がある人は、もしかしたら、あなたのLINEが男性をガッカリさせているのかもしれません!
そこで!対面の印象を覆してしまうほどのガッカリLINEの特徴5つをご紹介します!

1. 絵文字・顔文字・スタンプの頻度が彼と明らかに違う

彼が全く絵文字や顔文字、スタンプを使わないのに、あなたはいっぱい使っている、あるいはその逆、なんてことになっていませんか?
絵文字などを多く使う人からすると、全く使わない人は“怖い”という印象になり、全く使わない人からすると、“見にくい”という印象になります。 つまり、自分と違うLINEのやり方を見ると、価値観の違いを感じて拒絶反応してしまうのです。
逆に、自分と同じような使い方ならば、価値観が似ているように錯覚して、相手に好意的になります。
女性らしさを表現しようとして絵文字やスタンプを多用したい気持ちはわかりますが、価値観が合うかどうかの方が恋愛では優先的に重要視されます。
相手が好む見やすいと思うLINEの形式は、相手と同じような形式です。
「会話では分からなかった、この人の本質を見た気がする…この人とは合わないかも…」と引かれる前に、相手の形式に似せてしまいましょう!

2. テンポが早すぎる・遅すぎる

返信のテンポが早すぎたり遅すぎたりして相手とズレていると、「疲れる…」と思われやすくなり、LINEしたくなくなってしまいます。
というのも、自分のいつものペースより返信が早すぎるLINEは「早く返信しないと!」「返信を急かされている気がする…」と精神的にストレスになってしまいます。
一方で自分のいつものペースより遅すぎると「待たされてばかり」「何話してたか忘れてしまう」と、あなたとのLINEのコミュニケーションに期待したくなくなり、興味を失ってしまいます。


一番良いテンポは「あなたが返信してから彼が返信してくるまでの待ち時間が、平均して同じ」くらいです。
相手もLINEばかりしている訳ではなく、仕事や趣味など別のことをしていますので、暇な時はすぐ返ってきても、仕事があれば大きく空いてしまうこともあるでしょう。
ただ彼の返信までの時間を真似するのではなく、時間帯や曜日などから彼の生活パターンを想像して、調整しながら同じようなテンポで返信するのがいいでしょう。

3. 深夜・仕事中でも送ってくる

男性が「対面は印象よかったのに…」とガッカリしてしまうLINEの特徴5つ2画像

彼が返してくれるからといって、彼が寝てる可能性がある深夜や、忙しい仕事中でもLINEを頻繁に送ってしまうと、「重要な連絡が埋もれてしまう!」と思われて、通知OFFにされてしまいます。
仕事などでの立場上、睡眠中でも携帯がなれば飛び起きないといけないこともありますし、仕事の連絡でスマホを使うのも普通の世の中です。
そのため、仕事中でも睡眠中でも、あなたからのLINEの通知を仕事の連絡かと思い開いてくれて、ついでに返信をしてくれていることもあるかもしれません。
しかし、それが何度も続くと、あなたとLINEをすることは楽しくても、「仕事に集中できない!」「寝たいのに眠れない!」とストレスになることがあります。
返信してくれるからLINEを送るのではなく、最初に彼の生活リズムを把握してからタイミングを考慮して送信しましょう。

4. 重要な内容で既読スルー

そんなに緊急性のないLINEだとすぐに返ってくるのに、日程調整や意見を求めるLINEをしている時に、既読スルーで長い間待たせるようなLINEは相手をイライラさせてしまいます。
というのも、日程調整や意見を聞かれている時には、“あなたとの話が決まらなければ次の話に進まない”からです。
確かに予定を確認していたら、別のことに気を取られてしまって相手への返信を忘れてしまうこともあるかもしれません。
しかし、相手は返信を待っていますので「この内容こそ早く返信が欲しいのに!」とイライラしてしまいます。
また、レストランを予約するためなどに意見を求められて「ゆっくり返信できる時に返信しよう」と思って既読スルーで忘れてしまったりするのも、相手をイライラさせがちです。
“返信の優先度”を考えて、何かを決めるためのLINEは素早く返信するようにしましょう。

5. 画面の半分以上を埋める長文LINE

長すぎるLINEは「読むのがめんどくさい」が転じて「この人はめんどくさい」と思われて、嫌われてしまうので注意しましょう。
確かに、喧嘩や関係が崩れそうになった時など、説明を明確にするべき時は長文になってしまうことはあるかもしれません。

しかし、日常会話で長いLINEを送られると、その長いLINEを読んで、長い返信を考えないといけないと考えただけでストレスとなってしまいます。
世の中にはLINEで長文をタイピングするのが面倒な人もいて、LINEをあまり頻繁にしない男性には特にそう思う人が多いです。


人の印象はその人の言動で決まります。

LINEには言葉も行動も含まれるため、LINEの印象はその人自体の印象と同じことになります。
ですから、「LINEが面倒な人」と思われた時点で「面倒な人」という印象になるのです。
約200文字以上は文字量が多いと感じるので、できればそれ以下で短くコミュニケーションをとる、もしくは電話や会った時に会話で話すようにしましょう。

便利なLINEだからこそ、深い配慮を

男性が「対面は印象よかったのに…」とガッカリしてしまうLINEの特徴5つ3画像

LINEでは、好きな時に好きなことを好きなだけ送れるからこそ、相手への配慮が必要です。
気になる彼と付き合うまでの間、LINEでのやりとりはあなたの印象に影響を与えます。

彼とのLINEでのやりとりは配慮して、丁寧に対応していきましょう。
一つ一つのLINEが彼の中のあなたの印象を形成していますよ!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

ライタープロフィール:18歳まで「男・女・かずさん」と、女に見られなかったのに、一目惚れ、略奪告白、セフレから昇格、2回告白失敗から逆転、7年片想いの成就、結婚願望なし彼氏からプロポーズなど、大逆転した経験から執筆中。 いつも友達止まりな女性向けに、愛される女になる方法を発信中。ブログ:「男友達と付き合う方法」、Twitter:@NO_kiraware、Instagram:be_attractive_girls
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 男性が「対面は印象よかったのに…」とガッカリしてしまうLIN...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。