大人女子のためのWebメディア
検索
2020年04月15日更新

それでも好き?不倫をするなら覚悟するべき3つのルール

それでも好き?不倫をするなら覚悟するべき3つのルール

好きになった相手が既婚者だった場合、不倫の恋をするには覚悟しなければならないルールがあります。一般的な恋愛よりも厳しい恋愛に進むには、最初から諦めなくていけないことがあると腹をくくっておかねばならないからです。それでも自分の気持ちを止められないのか、相手との関係を進める前によく考えてみてくださいね。

1. 結婚できない

好きになった相手と結婚したいと願う女性は多いです。しかし、既婚者と不倫をする場合、結婚できない可能性が高いことを覚悟しておきましょう。もちろん、子供も作ることはできません。なぜなら、既婚者の男性は例え夫婦仲が悪かったとしても、離婚だけはするつもりがない人が多いからです。

 

不倫から離婚に発展することで、多額の慰謝料を払わなければなりません。仕事の出世にも大きく影響もします。また、周りからの自分の評判が落ちることで、生活しにくくなる部分もあります。そのため彼がどんなに「愛してる」や「妻と別れて一緒になりたい」と口では言ってきても、実際に行動に映されることはないのです。それが不倫の恋で覚悟しなければならないルール。不倫関係は多くの女性が描いている夢や理想を崩すものであると覚えておきましょう。

2. 周りの人に言えない

不倫をしている場合、当然周りの人に付き合っていることを秘密にしておかなければなりません。バレてしまえば、彼との別れに繋がってしまうからです。もしくは自分にも多額な慰謝料をを要求される権利を相手の奥さんに与えてしまうからもありますね。周りの人に話してしまったことで、不倫相手の奥さんにバレてしまう可能性は無くさなくてはいけません。

 

また、大多数の人が不倫に対して否定的な考えを持っています。友達に不倫していることを話した場合「相手の奥さんに申し訳ないと思わないの?」「不倫しているなんて信じられない」と猛反対されてしまうケースも少なくありません。好きな男性と付き合っている喜びや彼との関係の悩みなど、周りの人に話したくても話せないことが不倫には多いのです。

3. 家庭を優先される

休日に不倫相手の男性とデートの約束をすることもあるでしょう。しかし、急に予定をキャンセルされてしまうことも多くなってきます。「家族で出かけることになってしまった」「子供の体調が悪くて外出できない」と家族を理由に断られてしまうケースは不倫関係である限り、度々やってきます。

 

また、デートしている間に突然奥さんから連絡があり、家に帰らなくてはいけなくなってしまうこともあります。不倫相手と恋をする場合、基本的に相手の男性は家庭事情を優先します。そして自分が不倫相手である限り、その理由に文句は言えないのです。彼の優先順位の一番は家族であり、自分が常に二番であることを覚悟しなくてはなりません。

 

どんなに既婚者の男性のことが好きでも、不倫の恋をする場合には覚悟するべきルールがあります。そのルールは常に理不尽に感じられるかもしれませんが、受け入れるしかないのが不倫です。

ルールを守り続ければ、彼との関係を続けることはできますが、果たしてそれは自分の幸せに繋がることなのか、よくよく考えてみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。