大人女子のためのWebメディア
検索
2020年05月26日更新

別れを切り出したい彼氏が彼女にしがちな3つの行動

いつ言おう…。別れを切り出したい彼氏が彼女にしがちな3つの行動

「最近、なんだか彼氏と気持ちがすれ違ってるような気がする…」「今までと何かが違うな…」そう感じ始めたら、別れの予兆のかも!彼氏が別れを切り出したい時に取りがちな行動を3つご紹介します。

① 連絡の頻度が減る

別れを切り出したい彼氏の行動で、最も分かりやすいのは連絡頻度を減らすことです。彼氏のの気持ちが冷めつつある時には、自分の中での彼女の優先順位が下がってしまうため、コミュニケーションをとることも億劫になってしまうのです。

電話を掛けたのに彼氏が応答しなくなったり、メッセージを送ってから既読になるまで何日もかかったり、返信が明らかに遅くなったり、ひどい場合は既読無視されることもあります。
あらかじめ「仕事で遅くなる」「家族で旅行に行く」など、連絡が取りにくくなる理由についての前置きもない状態で、今までよりも連絡頻度がぐっと下がるようであれば、彼氏からの別れたい気持ちの表れかもしれません。

② デートの予定をキャンセルする

別れたいと考えている彼氏は、彼女とデートすることにも消極的になります。少し先の日程で決めていた予定なのに「仕事が入った」「友達と会う」などと理由をつけてキャンセルしたがる場合は、彼女と会うことをためらっている可能性があります。

また、彼氏の中ではデートすることの重要度が下がってしまっているため、デート当日であっても急に面倒になったり、一人になりたくなったりすることがあり、体調不良や仕事の残業など、都合のいい理由をつけて「ごめん、今日は無理だわ」などと言ってドタキャンされることもあります。

③ 次に会う日にちを決めない

彼女に冷めてしまった彼氏は、積極的にデートに誘う気が起こらなくなってしまっています。彼氏のほうからデートをキャンセルしたにもかかわらず、代わりの日程を提示してこないような場合は、もう二人で会う気がないか、少し距離を置きたいと考えている可能性が高いでしょう。
また、彼女のほうからデートしたいと誘った場合にも、曖昧な返事しかせず日にちを決めてくれなかったり、「最近仕事が忙しいんだ」「またこちらから連絡するよ」などと言って来たりして、結局は具体的な日程が決まらないようであれば、彼氏の気持ちはかなり薄れてしまっていると言えます。

 

彼氏から彼女への気持ちは、行動に表れる場合が多いです。メッセージのやり取りや電話が減ったり、デートをキャンセルしたり、会う日を決めてくれないようなことが続くようであれば、思い切って彼氏の気持ちをはっきり確かめるか、破局回避したいなら話し合って冷却期間を置くなど、付き合い方を見直す必要がありそうです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。