大人女子のためのWebメディア
検索
2020年05月18日更新

物に罪はないし…元彼からのプレゼント!捨てるべき?

物に罪はないし捨てづらいけど、やっぱり気になる元彼からのプレゼント!捨てるべき?

元彼からたくさんプレゼントをもらったけれど、別れた後もずっと持ち続けることに罪悪感を覚えるという女性は少なくありません。元彼からのプレゼントはどういった対応をとるのがベストなのでしょうか?

物と思いをドライに切り分けられるなら

元彼からもらったブランド品やファッションアイテムに罪はありません、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、という諺がありますが、まさにお坊さんと袈裟という洋服を同じように憎んでしまっては本末転倒です。

元彼からもらったプレゼントが物として非常に気に入っているなら、無理して捨てる必要はありません。元彼との縁は切れますし、実用性が高いブランド品やファッションアイテムなどは有難くフル活用してみましょう。

自分と元彼しか分からないプライベートな品であれば、友達や家族から、元彼の思いを引きずっているのではという指摘を受ける恐れもありません。ドライに感情を切り分けられる場合は、無理して処分する必要はなく、堂々と使い続けることが自分にとっても、物にとっても正解と言えるでしょう。

罪悪感が激しく湧き上がる場合は

元彼からもらったプレゼントを見るだけでイライラする、贈り物を思い出すだけで罪悪感が湧き上がる、こんな場合は思い切って処分した方が良いでしょう。

勿体ない気持ちが同時に出てくるかもしれませんが、罪悪感や不快感に常に苛まれていると、精神的に参ってしまいます。物と元彼は別の存在ですが、人の脳はどうしても関連付けを行ってしまうことが少なくありません。ただ、燃えるゴミや粗大ゴミとして廃棄するのは流石に気持ちが辛いはずです。リサイクルショップに持ち込んだり、フリーマーケットで売却したりするなど、物自体には敬意を払いお別れするのがベストでしょう。

一旦判断を保留するのも賢い選択肢

元彼と別れたばかりでは、気持ちや頭が混乱しています。パニック状態に近い時、女性はなかなか冷静な判断ができません。混乱したまま元彼との思い出の品を全て捨ててしまうと、後でさらに大きな自責の念に襲われることがあります。気持ちや脳内がパニック気味な時は、あえて具体的な判断をしない方が得策です。

贈り物を一旦、目の届かない場所に片づけてみましょう。捨てるか、所有するのか判断を棚上げ状態にするのが正解なことも多いです。半年から一年程度、判断を保留すれば、自然と気持ちの整理がつき、自分にとってベストな選択肢が浮かび上がってきます。例えば、すべて捨てるのではなく、罪悪感を抱く物だけ捨てる、その他のものは使い続けるなど、バランスの取れた判断ができるでしょう。

正解の選択肢は人それぞれです

物に強い思いを重ねてしまう女性もいれば、良い意味でドライに物と思いを切り離せる女性もいます。元彼のプレゼントをどうすべきか、この答えはまさに十人十色、人それぞれです。

思い切って全て処分した方が良い場合もあれば、堂々と使い続けるのも正しい答えの一つであり、また一旦判断を保留してみるのも良い作戦です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。