大人女子のためのWebメディア
検索
2020年05月03日更新

貯金額って聞いてもいいの?男性的にアウトな質問の仕方

貯金額って婚約前に聞いてもいいの?知りたい男性的にアウトな質問の仕方

婚約前に男性に貯金額を聞いておきたいという女性は少なくないでしょう。しかし聞き方を間違えると、男性に不信感を持たれてしまうかも。今回は、男性がアウトと判定する貯金額の質問の仕方を紹介します。

「家計を預かる身として」というスタンス

結婚したら、女性が家計を任されるというパターンは多いものです。「家計を預かる身としてあなたの貯金額を把握しておきたい」というスタンスで質問をする方もいるでしょう。これは男性としてはあまり気分が良いものではないかもしれません。そもそも結婚前のそれぞれの貯蓄は、夫婦の共有財産にはあたりません。

結婚すれば毎月給料の管理を奥さんに任せる男性は多いでしょう。しかし、結婚前の貯蓄にまで口を出されたくないという男性もいるのです。月の給料で生活ができて、貯蓄にも回せるのなら、自分が結婚前に貯めたお金は関係ないのでは?という考えです。どこまでのお金を「家庭のもの」とするか、それぞれ認識が異なっているとも言えます。

結婚に関する費用と絡めて質問する

結婚する際、婚約指輪の購入や結婚式にかかる費用、新婚旅行など、様々な事柄を行うカップルも多いでしょう。これらの事柄は多額の費用がかかります。結婚関連の催しに絡めて、男性に貯蓄額を尋ねたいという女性もいるのではないでしょうか。ですが、男性にとってはこのような質問もあまり喜ばしい気分にはならない可能性があります。

自分の貯蓄額を尋ねられるということは、つまり自分の貯蓄からそれらをまかなうことが当然だと考えられているのでは?と思うためです。好きな女性のために綺麗な指輪を買ってあげたい、綺麗なドレスを着せてあげたい、そう考える男性は大勢いるでしょう。

ただし、自分が自主的にそう思うことと、相手から求められるのはまた別な話です。自分の貯蓄をあてにして、あれもこれもしたいと言われれば、男性でなくてもげんなりしてしまうのではないでしょうか。

教えてくれるまでしつこく質問する

男性がなかなかはっきり貯蓄額を教えてくれないからといって、教えてくれるまで何度もしつこく質問するのも良くありません。貯蓄額とは元々非常にセンシティブなことです。オープンにすることを何とも思わない人もいれば、結婚後も教えたくないという人もいます。

どちらが正しいということはなく、それぞれの考え方なのです。その考え方を理解しようとせず、とにかく貯蓄額を教えてもらおうと躍起になると、男性は「自分のお金が目当てなのか?」と不信に思い、結婚自体を考え直し始める可能性もあります。あまり無理強いしないことも大切です。

貯蓄額の質問は結婚に影響する可能性も

貯蓄額を女性に教えることをどう思うかは男性によって異なります。もし、貯蓄額をあまりオープンにしたくないタイプだとしたら、貯蓄額に関する質問が、結婚や2人の関係に影響を及ぼすことにもなり兼ねません。不用意に質問したり、相手が嫌がっているのに何度も尋ねたりすることは避けましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。