大人女子のためのWebメディア
検索

やきもち焼きな女性に送る気持ちのコントロール法

嫉妬しちゃう!やきもち焼きな女性に送る気持ちのコントロール法

好きな相手であるからこそ、些細なことが嫉妬につながってしまうものですよね。けれど嫉妬に振り回されるのもつらいものです。やきもち焼きな人ができる気持ちをコントロールする方法を紹介します。

どうして嫉妬してしまうのか

女性がやきもちを焼いてしまうのにはいくつかの理由があります。ひとつは独占欲が強いということで、ほかの女性に相手をとられたくないという気持ちが強すぎるものです。また妄想が強すぎる場合も嫉妬してしまいます。このほか自分に自信がなく、他人と比較してしまう場合や理想が高い場合もやきもちを焼いてしまう女性が多いようです。

完璧な理想像を作らない

嫉妬してしまう原因のひとつは、相手に高い理想を押し付けていることがあげられます。自分の中の完璧な恋人とは異なる行動をすると、不満の気持ちも相まって、より嫉妬が燃え上がってしまうということですね。

恋人に対する完璧な理想像を作らないことから始めてみると、やきもちをコントロールすることができるでしょう。自分の理想と比べるのではなく、相手の持っている良い部分を見つめてみると、嫉妬の気持ちも抑えることができますよ。

自分と他人との比較をやめる

嫉妬ややきもちというものは、他人と比較して自分が劣っていると思うからしてしまうものです。そのため、気持ちをコントロールするためには、まず他人と自分を比較することをやめてみるとよいでしょう。自分と他人とを比較するよりも、自分を磨くことに力を入れてみるとより相手を引き付けることにもつながりますよね。他人を気にしすぎないということを意識してみてください。

自分の時間を作る

嫉妬ややきもちを忘れるような趣味を持つことも気持ちをコントロールするうえでは重要です。自分の時間を持っていない人は、恋人に執着して依存している状態といえます。

好きという気持ちよりも、相手をとられたくないという気持ちが強くなっている状態ともいえるので、その気持ちを抑えるためにも、恋人以外の自分の時間を持つことが必要となります。趣味を見つけたり、友人と時間を過ごしてみたりして、恋人との適切な距離を見つけてみるとよいですね。

自分の中で限界ラインを作る

嫉妬ややきもちは些細な出来事でもしてしまうものです。恋人だからといって、小さなことで目くじらを立ててしまっていてはいい関係が築けませんよね。二人の良好な関係のためにも、あらかじめこれをされたら許せないといったボーダーラインを作っておくとよいでしょう。ボーダーラインがあれば、そのラインに満たない行動にはある程度寛容になることもできて、気持ちがコントロールできますよね。

相手に素直に打ち明ける

やきもちや嫉妬をした結果どのような行動をとるかは人それぞれです。しかし、しっかりと相手に理由が伝わっていなければ、改善にはつながりません。いっそのこと相手に素直に打ち明けるというのもひとつの手といえるでしょう。

相手に自分の気持ちを知ってもらえば、態度を改めてもらえることもあれば、二人で解決策を考えることもできます。相手に打ち明けることで、何に嫉妬していたのかも明確になるので、気持ちをコントロールすることにもつながるでしょう。

嫉妬ややきもちとうまく付き合おう

嫉妬ややきもちは、恋人を思っていれば自然としてしまうものです。小さなことにこだわり、相手との関係を悪くしてしまうようならば気持ちのコントロールが必要となります。ボーダーラインを決めたり、二人で話し合ったり、趣味を見つけたり、対処方法は様々あるので、嫉妬ややきもちとうまく付き合ってみてください。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。