大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • もうプロポーズ⁈少し待って欲しい時なんて言えば伝わる?
2020年04月16日更新

もうプロポーズ⁈少し待って欲しい時なんて言えば伝わる?

プロポーズ少し待って欲しい時なんて言えば伝わる?

女性にとってプロポーズを受けることは嬉しいことですが、自分の思いが固まっていないタイミングのプロポーズは、すぐに返事を出せないものです。相手を傷つけずプロポーズを保留にする伝え方をご紹介します。

まずはプロポーズしてくれたことに感謝を伝える

お互い前向きに結婚について考えながら交際していても、結婚しようと思うタイミングは異なることがあります。まずは彼が勇気を出してプロポーズをしてくれたことに、感謝を伝えましょう。プロポーズへの感謝の思いを伝えないまま「少し待って」という保留の返答は、彼のプライドや勇気を振り絞った気持ちを踏みにじることになる危険性があります。配慮してあげることが大切です。

期間を決めて保留にする

感謝の気持ちを述べてから、プロポーズを保留にしたいことを伝えましょう。この時、すぐに返事ができない理由がハッキリしているのであれば理由を伝えることもおすすめですが、思いもよらないタイミングのプロポーズは混乱している場合もあります。

冷静に考える時間を設けるために、期間を決めて待ってもらうことが大切です。期間は1週間や2週間、長くても1ヶ月ほどの期間で設定することがおすすめ。保留期間を決めなかったり、長すぎる期間に設定したりすることは、彼のことも自分のことも苦しめてしまう可能性があるので注意しましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • もうプロポーズ⁈少し待って欲しい時なんて言えば伝わる?
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。