大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 抜け出したいのに…!不倫を終わりにできない女子の言い訳あるあ...
2020年05月01日更新

抜け出したいのに…!不倫を終わりにできない女子の言い訳あるある

抜け出したいのに…!不倫を終わりにできない女子のいいわけあるある

いけないこと…と頭ではわかっていても、気持ちが止められなくなってしまうのが不倫です。特に不倫をしてしまっている女性はどこか「不倫はいつでもやめられるから」と、今の自分の気持ちを見てみぬふりをしようとする傾向があります。でも、実はそのいいわけこそが、自分の気持ちに苦しさをかけている原因でもあるんです。

不倫女子が無意識に言っている、あるあるないいわけを紹介します。もしも、友達にこの言葉を言ってしまっていたら…不倫相手にどっぷりとハマってしまっているので、注意しなくてはいけません。

「向こうから手を出してきた」

不倫している女性がつい言ってしまう言葉が「向こうから手を出してきたんだよね〜」です。確かに、基本的に既婚男性からの誘いが不倫には多いでしょう。しかし、実際に関係を持ってしまった時点でどちらが手を出してきたかは問題になりません。
例え相手から「結婚してるけど好きで…」と言われたとしても、その気持ちを受け入れたのは自分です。なぜなら自分自身も彼を好きだったからです。流されて関係を持ったのではなく、そこに明確な自分の意思があったことを自覚するべき。

 

相手からアピールをされたり愛ある言葉をもらったとしていても、関係を続けている自分の気持ちを無視するのはやめましょう。不倫関係を終わらすことができないのは、自分の気持ちを自覚していないこともひとつの大きな理由です。彼が好きなんだ、奥さんと別れて一緒にいて欲しいんだと、素直な気持ちを認めたときが不倫を終わらせようと思える第一歩です。

「別に好きじゃない」

不倫女子と話していると必ず出てくるワードが「いや、それほど好きでもないんだけど」と、相手が求めているから関係を持っているから自分は不倫していないと正当化させようとするいいわけです。

彼が奥さんと別れない事実や、奥さんと一緒にいることに嫉妬したときに気持ちがツラく悲しくなるので、その気持ちから逃げようとしてつい希望の言葉をはいてしまうのです。いつでも別れられるし、そもそもそんなに好きかもわからないし…と自分の気持ちに蓋をしてしまいます。しかし、不倫関係を終わらせられない時点で、自分が彼を好きなのは一目瞭然。そして、不倫相手が奥さんと別れないのは、この関係は不倫でしかないと実際は気づいてもいるはず…。

 

苦しいかもしれませんが、この言葉を言ってしまう女性は相手に対する愛情が深く、また相手は自分を遊びとしてしか見ていない事実を認めなければなりません。
悔しい感情から怒りや恨みの気持ちが出てくるでしょうが、好きだからこそ相手を恨んでも彼は奥さんと別れることはないはずです。相手の男性の気持ちを受け止め、新しい独身男性と恋愛をすることが一番早くにこのツラい気持ちを忘れることができますよ。

「不倫とはちょっと違うんだよね」

友達に彼との関係を話すとき「ん〜、不倫っていう関係とはちょっと違うというか…」と、つい言ってしまったことはありませんか?
確かに二人の関係性は二人にしかわからないかもしれません。しかし、どんな気持ちであろうと既婚男性と定期的に身体の関係を持ったり一緒に出掛けたり、二人の間で愛情を示すような言葉を囁いていたら…それは不倫です。

特にこのいいわけを言ってしまう不倫女子は、そのまま続けて「彼、今の奥さんとはうまくいってないんだよ」と相手の家庭の不仲をさらにいいわけとして持ってくることが多いです。しかし、不仲であることが事実であろうが実際に離婚していない今が、彼の自分への答えだと受け止める勇気を持ちましょう。 彼が既婚男性であることから目をそらしていては、いつまでも不倫関係を終わらすことはできません。

 

どんなに彼が愛を囁いてくれても、特別に思ってくれていることを感じたとしても、男性は愛情を言葉ではなく行動で示す生き物であることを忘れないで。現在奥さんとの関係を終わらせていないことが、彼の気持ちなのです。相手からの言葉で幸せを感じる瞬間はあるかもしれませんが、現実を見てしまえばどこかで苦しい気持ちがあるはず。
恋愛において苦しい思いを持ち続ける必要はありません。不倫関係を清算すれば今よりも幸せな恋愛が必ず待っています。今の自分がどんな状態なのか、きちんと自分で自分を見てあげましょう。

 

好きな相手との不倫を終わらせるには、それなりに苦しい思いをすると勇気と覚悟が必要になってきます。しかし、その苦しさから逃げて年月を重ねてしまえば、その苦しみはもっと倍増することに…。自分は今不倫をしていること、相手を好きなこと、相手から愛されていないこと、この3つを自覚し、ツラい恋愛からは身をひきましょう。

嫌なことがあった分だけ次は幸せな恋愛ができます。精神的にも強くなり、経験を得たからこそ今度はもっとうまくやれるはず。自分に自信を持って、新しい恋に進んでいってくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 抜け出したいのに…!不倫を終わりにできない女子の言い訳あるあ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。