大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • もうヨリは戻せない?復縁の可能性があるフラれ方のパターンとは...
2020年05月11日更新

もうヨリは戻せない?復縁の可能性があるフラれ方のパターンとは?

もうよりは戻せない?可能性があるフラれ方のパターンとは?

フラれてしまっても、なかなか相手のことを忘れられないという方は多いですよね。復縁したいと考えることもあるでしょう。どのような別れ方をした場合に、復縁の可能性があるのかについて紹介していきます。

自分以外に別れの原因がある

よりを戻せる可能性を残した別れ方のパターンの一つは、あなた以外に別れの原因がある場合です。例えば、仕事で忙しくて二人で会う時間がなくなったことで別れてしまうようなケースです。遠距離恋愛などもこのパターンに当たりますね。

これらのケースはお互いの気持ちがすれ違ってしまったことが別れの理由となっており、相手を嫌いになっているわけではない場合も多いです。相手と一緒にいて楽しかった気持ちを、まだまだ残している方も多いので、復縁しやすくなっています。

別れた後に出会う機会がある

別れてからも顔を合わせる機会が多いことも、復縁の可能性が高いパターンです。職場や学校が同じなどの理由で関わる機会があると、ふとしたことをきっかけに関係が変化する場合があります。

再び相手のことが気になってしまうこともあるかもしれません。彼をもう一度振り向かせようと思うのなら、自分磨きをするのが良いでしょう。自分に自信がつきますし、変わっていく様子を彼に見せられれば、気持ちが再燃するかもしれませんよ。

別れ話は簡潔に済ませる

別れ話がもつれずにすんなりと別れることができた場合は、よりを戻しやすい傾向があります。別れ話を切り出された時は反対したり、相手を責めたりしがちです。しかしこれでは、相手のことがより嫌いになってしまい、復縁をさらに困難にさせてしまいます。しつこくアプローチするのもやめた方が良いでしょう。

大切なのは、別れ話は短く済ませることです。関係をこれ以上悪くさせないためにも、冷静になって無理に引き留めるようなことはせずに受け入れるのがポイントです。

連絡を取らずにいる

別れてからLINEなどで連絡を取り合うような2人では、うまくいっているように見えても友達止まりのケースが多いです。復縁の可能性を残したいのなら、別れてから一切連絡を取らずにいるのも一つの方法です。

連絡がなくなってしまうと相手は寂しさを感じることになり、よりを戻したいと思う気持ちが生まれてきます。しっかりと冷却期間を置いた上で、「久しぶり」などと連絡してみるとうまくいくかもしれません。

復縁の可能性を残せる別れ方

復縁の可能性を残したフラれ方にはいくつかのパターンがあります。別れた時点では相手への気持ちが冷めていたとしても、後々よりを戻したいと思うケースもあるので、意識してみてはいかがでしょうか。

もちろん、必ず復縁できるとは限りませんが、それでもできるだけ可能性を残すために覚えておくと良いでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • もうヨリは戻せない?復縁の可能性があるフラれ方のパターンとは...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。