大人女子のためのWebメディア
検索
2020年05月14日更新

オンラインデートをする際の要注意ポイント【準備編】

オンラインデートをする際の要注意ポイント

不要不急の外出自粛が求められる昨今。
そのため今はオンラインデートが、彼と近い距離になりますよね。
しかし簡単そうに見えて、設定からやりとりまで、意外と難しかったりするもの。
そこで今回は「オンラインデートをする際の要注意ポイント【準備編】」についてご紹介します。

きちんとアプリが使えるか、事前にチェックしておく

オンラインデートをする際の要注意ポイント

・「はじめてZoomをしたのですが、音が全く聞こえず。その後何とかつながったのですが、ノイズが酷すぎた。ここまで約30分かかったけれど、結局どうにもならずオンラインデートは終了しました」(33歳/女性/アパレル)

 

彼とのオンラインデートが決まったら、まずはスムーズに事が進むよう電波などの環境は整えておきたいところ。使用するアプリは事前にダウンロードし、できることなら一度友達や家族など、ほかの人とやりとりをしておきましょう。そうすることでノイズや画面の乱れなどのトラブルを、事前に知ることができますよ。

写りはインカメで見ておこう

・「きちんとメイクしたにもかかわらず、アングルが下からだったので二重顎になってしまった。直したくても少しでもカメラを動かすと、汚い部屋が映っちゃうし……。もう少し対策しておけばよかった!」(30歳/女性/販売)

 

いくら自分は準備万端でも、写りがイマイチでは意味がありません。自宅でどこが盛れるのか、事前にインカメでチェックしておきましょう。

 

そしてせっかくのオンラインデートですから、自分の魅力を最大限に引き出したいもの。照明を明るくしたり、アングルを変えてみたりと、試行錯誤してみてくださいね。

気合入れすぎもちょっと…

オンラインデートをする際の要注意ポイント

・「デートの約束が流れてしまったので、やり取りしていた女性とオンラインで初対面したんです。でもメイクも服装もかなり気合いが入っていてビックリ!正直『家の中なのにそこまでやる?』と思ってしまった」(32歳/男性/営業)

 

スッピン+スウェットもNGですが、だからといってバッチリメイク+勝負服で、バチバチに決めるのも微妙。いかにも「気合入っています!」感が見え見えで、男性からすると重く感じてしまうようです。

 

オンラインデートこそ威圧感を与えないよう、うまくヌケ感を出すのが大事。たとえば眉毛はちゃんと描くけれど、ファンデやアイシャドウは軽めにする。最近流行りの「粘膜リップ」でナチュラルに見せるなど。またパーカーでもオフホワイトやラベンダーなど、淡い色味を持ってくるだけで画面もパッと華やぎますよ。

 

男女問わずあまり慣れていないオンラインデート。
そのためいざやってみると、小さなトラブルが起こりやすいもの。
これらを最小限にとどめられるよう、できることは事前に準備しておきたいものですね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて様々なWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、辛い恋愛、共に皆様の心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」 Twitter:@Kazu_367
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。