大人女子のためのWebメディア
検索
2020年05月17日更新

LINEだけじゃ物足りない!「声が聞きたい」と思わせるLINEのポイント

男性から言わせます!「声が聞きたい」と思わせるLINEのポイント

好きな男性の声が聞きたい時、できれば男性から「声が聞きたい」と言わせたいですよね。相手の都合も考えると余計にこちらからは言い出しにくいものです。男性に声が聞きたいと思わせるようLINEの内容を工夫しましょう。

大丈夫?と心配すれば効果も高い

仕事で失敗したり病気になったりすると精神的に弱ってしまいます。そんな時に誰かが助けてくれたら嬉しいですよね。相手を気にかけて、大丈夫?とメッセージを届けてあげましょう。好感度も上がり声を聞きたがるはずです。

仕事終わりは自然な流れから通話ができるかも

仕事が終わった直後に、お仕事終わりですかと尋ねてみましょう。相手は仕事から頭を切り替えたいので、誰かに連絡を取りたい状態です。気軽に話せる状態であれば、直接声を聞きたいと電話をしてくるかもしれませんよ。

眠れないことを伝えるのは常套手段

就寝前の時間は何もしていないことが多く電話をかけやすいです。そんな時間帯に女性から眠れないとメッセージがきたら、男性は気を遣って電話をかけてあげようと考えるはずです。男性の心理を上手に操作して、男性から電話をかけやすいように誘導しましょう。ただし、恋愛対象ではない男性に眠れないと伝えると勘違いされるので注意が必要ですよ。

シンプルに好意を伝えるだけでも効果がある

LINEで好きと伝えるだけで男性は電話をかけてほしいのかなと考える場合があります。メッセージで愛情表現をされた男性は、女性が甘えてきていると思い込むからです。相手の声が聞きたいという心理状態になった男性は、自ら電話をかけてくれるでしょう。

お疲れさまの一言は誰だって嬉しい

用事が一段落ついたタイミングは狙い目です。疲れている状態の男性に労いの一言を伝えましょう。社交辞令のようなやりとりですが、回数を重ねることで男性は文字ではなく直接言ってほしくなるでしょう。

やがて労いのメッセージを送る度に、男性は感謝の言葉を伝えるために電話をかけてくるようになります。これを応用して男性が感謝をする流れを作れば、自然に相手から電話をかけてくる状況を作り出せますよ。

わざと伝わりにくいメッセージを送る

LINEでのやりとりだけでなく、電話をかけなければいけない状況を作りましょう。メッセージだけでは伝わりにくい内容のやりとりを組み込むと、男性は直接電話をかけてきます。電話をする必然性を生み出すことがポイントです。その後、勘の良い男性ならニュアンスが伝わりにくいメッセージが、通話をしたい合図だと察してくれますよ。

相手の状況を把握した環境作りが大事

男性側が空いている時間を把握して、いかに電話をしたい気持ちにさせるかが重要です。相手が忙しい時に無理に要求しても電話がかかってくることはありませんし、タイミングが悪いと相手は電話に苦手意識を持つかもしれません。男性が物怖じしないように電話をかけやすい状況を作ってあげましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。