大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【恋愛依存】彼氏に対する依存を捨てると本当の愛が手に入る
2020年07月01日更新

【恋愛依存】彼氏に対する依存を捨てると本当の愛が手に入る

【恋愛依存】彼氏に対する依存を捨てると本当の愛が手に入る

好きな人が出来ると、その彼のことばかりを考えてしまい、生活が彼中心になってしまう女性も多いはずです。
好きという気持ちをぶつけて同じ様に愛情が返ってくる時期はまだ良いです。
でも、関係が落ち着いて彼の方が若干トーンダウンしてくると、その不安から余計に彼のことが気になり、彼のことを詮索したり執着してしまう日々に…。
「あ〜私、もしかして依存しているのかな?」「こんなモヤモヤした気持ち手放したいな」と思っている女性もいるのではないでしょうか?
今回は、どのようにすれば彼への依存度を減らせるかについてお話をしていきたいと思います。

彼への依存度を確かめるチェック項目

まず、自分が恋愛に依存気味になっているのかどうかを見極めるチェック項目に目を通してみてください。
数が多ければ多いほど、彼への依存心が大きくなっている証拠であなたの心は今、とても窮屈になっているはず。
早速チェックしてみましょう。

 

1. 好きな人のことが1日中頭から離れない
2. 好きな人が出来ると仕事がはかどらなくなる
3. 友達と先に約束をしていても彼氏から誘われたら友達の約束を断る
4. 連絡が無いとすぐに浮気を疑う
5. 彼氏の為に休日は他の約束を入れないようにしている
6. 連絡が無いと嫌われたのかもしれないと感じる
7. 彼氏の機嫌が悪いのは全部自分のせいだと感じる
8. 結婚や同棲という確信めいたものが欲しい
9.彼の為になんでもしてあげたいと思う 


このような傾向がある人は、恋愛に依存しやすく、恋愛に失敗をしてもまた同じ様な関係を作り出してしまいます。
付き合う人を変えても、最終的には彼に「重い」と思われて振られてしまったり、「俺じゃない人のほうが」とやんわり逃げられたりする経験が増えてしまいます。

彼氏に依存する事で幸せが逃げていく

恋愛依存傾向にある人は、どうしてもネガティブ思考になりがちです。
「私のせいで彼が怒っている」「別れてしまったら一人ぼっちになってしまう」という考えが常に頭の中にあるので、不安定な心理状態になります。
こういった心理状態で彼氏に向き合っても、無意識に彼氏があなたの不安を感じ取り「俺が彼女の不安感を払拭してあげなきゃ」というような義務感が生まれるようになります。
恋愛はそもそも、お互いが同じ立ち位置で関係を構築するのが正しい形です。
どちらかが上、どちらかが下という関係を作っているうちは、その恋愛は上手くいきません。
依存心を彼に向けてしまうと、最初は本当にあなたが好きだと感じていた彼の気持ちも「不安を払拭するだけのメンタルアドバイザー」のような気持ちになり、あなたと会う事が嫌になっていきます。
最終的には「俺は心理カウンセラーじゃない」「彼女の機嫌ばかり取るのはイヤだ」と恋愛に疲弊し、あなたの元から去ってしまいます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

恋愛経験豊富な恋愛ライター。元々容姿にコンプレックスがあったものの、どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【恋愛依存】彼氏に対する依存を捨てると本当の愛が手に入る