大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • その彼氏、「やばい男」じゃないですか?「やばい男」の言動リス...
2020年05月20日更新

その彼氏、「やばい男」じゃないですか?「やばい男」の言動リスト3つ

その彼氏、「やばい男」じゃないですか?「やばい男」の言動リスト3つ

彼氏にするなら避けておきたい「やばい男」っていますよね…。やばい男と見抜けず関わってしまうと、抜け出すには一苦労してしまいます。やばい男を避けれるように、どんな言動をしていたらその男性は「やばい」のか知っておきましょう。

1. 過去の武勇伝を話す男

やばい男の中でも「わかりやすい」といわれている言動が武勇伝を語ることです。
男性の多くは、自分の武勇伝というものを必ずひとつは持っていて、それを女性に語って「すご〜い」と言われたい心理を誰もが持っています。しかし、いってしまえば武勇伝とはただの自慢。武勇伝をしまくってしまう男性はそれだけ承認欲求が高く、また誰かから認められたという経験が少ない人間である場合が多いです。

 

愛情と承認欲求はよく似ていて、一度でも誰かから愛されたと感じた人間は、他者に愛情を求めることが少なくなります。そのため相手に依存や執着することがなくなるので、比較的恋愛がうまくいく傾向があるんですよね。

しかし反対に愛されたとまだ人生で感じていない人間は、愛情をとにかく求めます。自分は愛されていると感じたいため、相手の愛情に執着してしまうのです。結果、強く愛情を求められた相手は「無理…!」と感じて目の前から消えることを選んでしまいます。そうなるとより愛情を求めることとなり、そのまま負のループに入ってしまうんです。

 

実は武勇伝を語る男性にもこれと同じことが起きている傾向が高いといえるのです。なので、どんなに彼の武勇伝を聞いてもそれは止まらず、最終的にはこちらが話に飽きてしまう可能性があります。人の自慢は聞いていて楽しいものではありませんからね…。武勇伝を語る男性ともしも付き合うのなら、繰り返されるその男性の話と付き合っていく覚悟が必要となってきます。

2. 運転中に他の車に文句を言う男

普段はどんなに優しく、頼りになる男性でもふとした時にその男性の人間性が出る時があります。それが、運転している時です。運転はある程度の集中力と、外界から遮断された密閉空間の中に身をおくため、自己の世界に入りやすいのです。

そのため、普段は他者に対して文句を我慢している男性でも本音が漏れやすく、対向車や遅い前の車、割り込んできた車に対して「っざけんなよ」「うぜぇ」「死ねよマジで」など文句が出る男性がいるのです。

「この人だ…!」と思った女性には非常に残念ですが、普段の彼よりも運転中の彼が男性の正体。日常的にその姿を我慢して過ごしているだけなので、付き合いが長くなるにつれて彼の感情が爆発した時は、自分が傷つく言葉をたくさん浴びせられる可能性があることを危惧しておきましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • その彼氏、「やばい男」じゃないですか?「やばい男」の言動リス...