大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • きちんと届けてる?大好きな人にもっと好きが伝わる方法!
2020年06月14日更新

きちんと届けてる?大好きな人にもっと好きが伝わる方法!

きちんと届けてる?大好きな人にもっと好きが伝わる方法!

あなたは大好きな人にきちんと好きな気持ちを伝えていますか?もちろん、伝えてます、と答える女性はたくさんいるでしょう。大切な男性に今まで以上「きちんと」「もっと」好きが伝わる方法があるんです。シンプルだけどしっかり相手に届く好きを伝える方法をご紹介します。

しっかり言葉で

なんといっても言葉でしっかり伝えることが必要です。直接伝えることであなたの「好き」がしっかり伝わります。いろんな言葉で伝えてみましょう。

(1) 「好きだよ」 

 

ストレートにシンプルに相手に届く言葉です。今さら言わなくても…なんて思わずに、これを言われたら無条件に幸せになることは間違いありません。具体的に「○○くんのこんなところが好き」「○○してくれるところが好きなんだよね」と伝えることで、もっと好きが伝わりますよ。

(2) 「ありがとう」 

 

何かをしてくれたときや、嬉しかったときの「ありがとう」もしっかり「好き」が伝わる表現です。「○○してもらってごめんね」と言うよりも「ありがとう」とポジティブな言葉で伝えてみましょう。「いつもありがとう」と「いつも」と一言添えるだけで、思いが大きく伝わりますよ。

(3) 「楽しい」 

 

好きな人と一緒にいて楽しい、という言葉は一緒にいる男性のモチベーションにもつながります。自分で考えたデートプランに対して「楽しい」と言ってもらえると、良かったなぁ、と思えるものです。食事をしているときの「一緒に食べると美味しいね」「今度の旅行、楽しみだね」など、素直に楽しい気持ちや楽しみにしている感情を表現してくれることは、男性にとってもとても嬉しいものです。一緒にいる時間を共有しそれを楽しいと思えるのは、お互い好きだからこそともいえますね。

(4) 「嬉しい」 

 

ちょっとしたことでも「嬉しい」と言われると、言われた男性もあなたへの愛おしい気持ちが大きくなります。嬉しい、楽しいというポジティブな表現は相手の心も幸せにします。嬉しいという言葉をかけられると、もっと相手をハッピーにさせたいという気持ちがはたらきます。あなたの一言でお互いに好きの気持ちを高めることができます。

(5) 「一緒にいたいな」 

 

好きな人だからこそ発することができる言葉ですね。一緒にいたい、と好きな人に言われて嫌な気持ちになる男性はいません。この言葉こそ、「好き」に匹敵する言葉といえるでしょう。

スキンシップで

言葉だけでなくスキンシップで伝わる「好き」の表現もあります。Hやキス、ボディタッチなど恋人同士ならではのスキンシップ以外でも、こんなスキンシップで「好き」を伝えてみませんか。

(1) 腕を組む 

 

デート中に腕を組むのは「好き」が伝わるスキンシップのひとつです。腕を組むことで周りからも「あの二人は付き合ってるんだな」という目で見られます。「私たち付き合ってるよね」という女性側からのアピールで好きな気持ちを伝えることになりますよ。

(2) ハグ 

 

日本人には、まだまだ欧米のように挨拶の際に男女で気軽にハグをするという習慣は根付いていません。その分、ハグをする間柄というのは特別な間柄といえるでしょう。デートの別れ際にハグをする、会った瞬間ハグをする、という行為は、あなたの好きな気持ちを十分に伝えられる行為ですよ。

(3) 見つめる 

 

お互いに接触はなくても、好きな人をじっと見つめることで「好き」な気持ちは十分に伝わります。むしろ、さきほどの言葉やスキンシップよりも大きな力を発揮することさえあります。親しくない者どうしで沈黙し合う時間というのは、なかなかツライものがありますが、好きな人との沈黙の時間は苦痛には感じないものです。言葉やスキンシップを取らずじっと見つめるという行為こそ、「好き」の気持ちを最大限に伝える手段かもしれません。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • きちんと届けてる?大好きな人にもっと好きが伝わる方法!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。