大人女子のためのWebメディア
検索
2020年06月09日更新

恋人が結婚したがりません【ひかりの恋愛相談室】

ひかりの恋愛相談室

「ひかりの恋愛相談室」では、人気書籍 “ 「大人女子」と「子供おばさん」”の筆者であるコラムニスト・ひかりさんにGrapps読者様のお悩みを答えていただきます。

———-

結婚したいのに、恋人の方は何年付き合っても結婚したがらない場合は、どうしたらいいのでしょうか。今回は、こういったお悩み相談です。

Kさん・33歳のお悩み

恋人が結婚したがりません【ひかりの恋愛相談室】1画像

9歳年上の彼と7年前に1年ほどお付き合いして別れ、その2年後に復縁しました。今年で付き合って4年目になります。一度別れた理由は、彼が起業を考えているので、「私と会う時間が取れないから」でした。

彼が起業して1年が経ったときに「忘れられなかったから、やりなおしたい」と言われました。私が「結婚する気がないなら、付き合わない」と伝えると、「1年ないし2年後には、結婚と思っている」と言われたので、OKしました。

 

ところが、復縁して2年が経ったときに、「会社がまだまだ軌道に乗らないから、結婚して何かあったとき、負債を抱えさせたくない」、3年経ったときには「家族を持ちたいと思わない。もし、子供が欲しいと思うなら他にいい人見つけた方がいい」と言われました。家族を持ちたくない理由については、「もし、いい人がいたら自分は浮気してしまうかもしれない。そのときに結婚していると不倫になるから、リスクになるのが怖い」とのこと。

私自身は、子供は欲しないし、「できることなら、会社に何かあって負債を抱えても、彼を支えたい、彼の最期は自分が看取りたい」と思っているので、籍は入れたいし、それを彼に伝えていますが、結婚してくれません。今後、どうしたらいいでしょうか?

Kさんへの回答

Kさんは、この彼のことが大好きなんですね。だからこそ、今回の回答は、Kさんにとって、とても厳しい内容になるかもしれません。

ハッキリ言って、この彼は、Kさんがそこまで愛するに値する相手なのかどうか、疑問です。Kさんが、「あなたの最期まで看取りたい」と言うほどの覚悟を持って付き合っているのに、この彼には責任感がないからです。

 

そもそもやり直すときには、Kさんが「結婚する気ないなら付き合わない」と言ったことに対して「結婚する」という約束をしておきながら、4年もズルズルと付き合っているこの男性は、かなり身勝手な人です。Kさんが彼に費やしている時間を何だと思っているのか。私から見ると、彼は、自分の生活を快適に過ごすために、単にKさんを利用しているようだけのように見えてしまいます。

 

しかも、「家族を持ちたいと思わない」、さらに「いい人がいたら、浮気してしまうけど、結婚しているとリスクだから」と言ったわけですよね?正直言って、身勝手すぎます。だったら、やり直すなんて言うな!って話です。

結婚したがらない男性の本音とは? 

恋人が結婚したがりません【ひかりの恋愛相談室】2画像

結婚したがらない男性の本音としては、下記のようなパターンがあります。

(1) 「まだ仕事に専念したい」「家族を養える自信がついてから家庭を持ちたい」など、正当な理由があって、結婚はまだ待ってほしい。

(2) まだ独身を楽しみたいから、結婚する気になれない。

(3) 彼女とは結婚する気がないだけ。

(4) 独身主義で、一生独身でいようと思っている。

 

多くの結婚したがらない男性は、この中のどれかに当てはまることが多いのですが、彼の場合は、どれにでも当てはまる可能性は高いです。ただし、(1)は、表向きの理由に過ぎないかもしれません。つまり、Kさんの気持ちをつなぎとめるためだけの言い訳です。

 

(2)について言うと、男性の「独身を楽しみたい」という思いの中には、主に2つの思いのどちらか、もしくは両方が隠れているものです。それは、「まだ独身として自由でいたい」と「まだ女遊びをしたい」です。

彼の場合は、両方かもしれません。なぜ彼が「まだ女遊びをしたい」と思っているのだと推測するのかというと、「いい人がいたら、浮気してしまうけど、結婚しているとリスクだから」なんて言うくらいだからです。

さらに言えば、こういうタイプは、現段階でも浮気をしていることは少なくないです。そうでなければ、そんな発想にすら、ならないものです。

 

(3)について言うと、本気で彼女を愛していて、幸せにしようと思っていたら、同じく「いい人がいたら、浮気してしまうけど、結婚しているとリスク」だなんて話はしません。100歩譲って、たとえ“浮気性の男性”であっても、本命の彼女とはきちんと結婚した上で、浮気をすることが多いものなのです。これが、いいか、どうかは別として、ですが……。つまり、彼のKさんへ愛情は、“その程度”だと思った方がいいでしょう。

 

(4)に関して説明をすると、彼自身は「一生独身でいよう」なんてことは思っていないかもしれませんが、42歳で、結婚を約束してやり直した彼女と4年も付き合っていて、未だに結婚を渋っているところを見ると“結婚に向いていない人”だと言えるでしょう。

更に言えば、「女性に誰にも相手にされなくなったときには、Kさんがいるからいいや」といったキープの気持ちもあるかもしれません。

だから、彼は、Kさんがそこまで愛するに値しない人だと思うのです。

もう一度、別れてみた方がいい 

恋人が結婚したがりません【ひかりの恋愛相談室】3画像

とにかく彼は、Kさんが傍にいることに甘えています。だから、Kさんは彼の本音を理解した上で、もう一度、きっぱり別れた方がいいでしょう。

もちろんこの彼のことだから、そうなったら慌てて、「ちゃんと結婚するから、やり直そう」と言い出す可能性は高いです。そのときに、本当にKさんがこの彼と結婚したいのであれば、彼に「記入と印を押した婚姻届けを持ってこなければ、やり直さない」くらいのことを言ったほうがいいでしょう。

逆に、そう言っても持ってこなければ、彼のやり直すことに対する覚悟は、“その程度”だということです。

 

もし、仮に予想と反して、彼が「やり直したい」と言ってこなかった場合は、彼の気持ちの「答え」はそれだ、ということなので、そんな“自分に気持ちのない相手”と付き合い続ける必要はないと思いますよ?

 

ただ、たとえうまくいっても、こういう男性と無理やり結婚したところで幸せになれるかどうかは、疑問です。もっとKさんにふさわしい男性がいるような気もしますしね。

とにかくKさん自身も、もし彼と結婚したいのであれば、希望的観測で彼を見るのではなく、しっかり彼がどういう人なのかをきちんと理解したほうがいいでしょう。

そして、それでも本当に彼がいいのであれば、今のままズルズルと関係を続けるよりは、勝負をかけましょう。健闘を祈ります!

 

コラムニスト・ひかり

コラムニスト・ひかりさんへのお悩み相談を募集中!

このコーナーでは、みなさんからの恋のお悩み相談を募集しています。あなたのお悩みが採用されるかもしれません。

お悩み以外のご意見・ご感想もお待ちしております。お名前のイニシャルと年齢も必ず入れてください(可能であれば、ご職業も)。※本名などは決して載せないのでご安心ください!みなさまからのご応募、お待ちしています!

 

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

コラムニスト。『100 の恋』(泰文堂)で小説家デビュー。夕刊フジでコラム連載をきっかけにコラムニストに。近著に電子書籍「“子供おばさん”にならない、幸せな生き方: ~自分を愛するということ~」、書籍『愛される人の境界線 -「子供おばさん」から「大人女子」に変わる方法』(KADOKAWA/中経出版)など。公式ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」や4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」は20~30代の女性に人気。 4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」(フジテレビドラマ「オトナ女子」バージョン)→フジテレビドラマ「オトナ女子」
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。