大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • いくつ知ってる?!セフレ以外にもある男女の〇〇フレの関係
2020年06月27日更新

いくつ知ってる?!セフレ以外にもある男女の〇〇フレの関係

男性に告白された女性!告白への保留期間はどのく…するべきか

男女の〇〇フレと言えば、真っ先に連想するのはセフレでしょう。セフレとはセックスフレンドの略で、恋愛関係のないセックスするだけの関係です。こうした特殊な男女関係はセフレだけではなく、他にも〇〇フレと表現する関係があるのを知っていますか?

特殊な男女関係は周囲に理解されにくく、時には軽蔑の対象になってしまう場合もあります。しかし、お互いが望むのであれば、それもまたありなのではないでしょうか。

入浴時間が楽しくなる「オフレ」

オフレとは「一緒にお風呂に入る関係」を示します。お風呂に一緒に入る行為は、恋人同士なら行為そのものはむしろ自然でしょう。しかし、オフレを希望するのは主に一人暮らしの男女であり、入浴時間の退屈さや寂しさを紛らわしたいという目的から求められています。

・オフレを作るメリット 

一人で入るお風呂は作業になりがちで、身体を洗うための場にしかなりません。その点、オフレを作ればお風呂の時間を楽しんで過ごせるため、よりリフレッシュできるでしょう。また、一緒に銭湯に通うスタイルのオフレもいますから、オフレは必ずしも一緒に入浴する関係とは言い切れません。

・オフレを作るデメリット 

オフレの最大のデメリットは、関係を維持するのが難しいことです。一緒に入浴するとなると、お互い裸を目にすることになり、特に男性はセックスしたくなる可能性が高いでしょう。一緒にお風呂に入るまでは楽しめても、その後しつこくセックスに誘われてしまう可能性は高いです。

幸せを実感できる「キスフレ」

キスフレとは「キスする関係」です。キスフレを希望するのはゲーム感覚でドキドキを楽しみたい男女が多い傾向にあります。彼氏ではないのでセックスまではいかないけれど、恋愛の刺激を楽しみたい時には、キスフレがちょうど良い関係性となるのです。

・キスフレを作るメリット 

生々しく言えば、セックスには気持ち良さという魅力があります。ただ、その気持ち良さを堪能するためにセックスするのはあまりにも軽率ですよね。なので、セックスよりも軽く考えられるキスフレを作れば、セックスに近い気持ち良さを手軽に味わえます。また、キスという行為自体で幸せな気分になれる女性は多いのです。

・キスフレを作るデメリット 

「キスをする=恋人同士」のイメージの強さが、キスフレを作る最大のデメリットです。例えばキスする場面を知り合いに目撃された場合、当然その男性と付き合っていると勘違いされます。そうする彼氏がいることが広まり、自分を好きな男性がいてもその男性は一方的に諦めてしまう可能性があるため、恋のチャンスを逃してしまうことにも繋がってしまいます。

癒される「ハフレ」

ハフレとは「ハグする関係」で、ハフレを望む男女の傾向として多いのが、その関係に永久性を求めていないことです。つまり、付き合う前のお互いの脈あり確認として関係を成立させているため、そのまま恋人に進展する男女がほとんどです。

・ハフレを作るメリット 

ハグと表現すると軽く聞こえますが、抱き合うことには安心や癒しの効果があります。実際、辛い時に男性に抱きしめられると落ち着く女性も多いのではないでしょうか。その点、ハフレを作ればいつでも抱き合うことができるため、気持ちが不安定な女性におすすめの関係です。

・ハフレを作るデメリット 

ハフレは、付き合う前段階としての位置付けで成立させるケースが多いため、「ハフレになる=付き合う前提になる」となりやすいのがデメリットです。要するにハフレは継続しづらく、お互い恋愛感情がないことを理解し合える男女でなければ長続きはしないのです。

寂しさを解消できる「ソフレ」

ソフレとは「添い寝する関係」。ソフレは一人暮らしをしている男女に多い関係で、一人で寝るのが寂しく、それを解消するためにソフレを求めます。

・ソフレを作るメリット 

独り暮らしをしている女性は、一人で寝るのを寂しく感じることがあります。しかし、ソフレを作ればそんな寂しさはすぐに解消できるため、寝る前にスマホを相手にするよりもずっと癒されるでしょう。また、一緒に寝るということは一緒に起きるということですから、それもまた朝の癒しになります。

・ソフレを作るデメリット 

ソフレの最大のデメリットは、セックスに発展しやすいことです。何しろ状況的にセックスする環境が整っているわけですから、男性がその気になる可能性は充分あるでしょう。仮にそうなった場合は女性に逃げ場はなく、ソフレを安全に成立させるには余程信頼できる男性が相手であることが必須です。

 

このような特殊な男女関係を肯定するか否定するか、それは自分次第です。また、これらを一例と捉えて自分なりの特殊な関係を求める考え方もあるでしょう。男女関係は恋愛が全てではありません。例えば、現在彼氏はいらないと思っているとします。しかし、それでも一人で寝るのは寂しい場合、寂しさの解消を諦めるのではなくソフレを求める…現在では男性とそんな関係も築いていくことができるのです。

関連記事はこちら キスに違いが…?セフレと本命で違いがでるキスや行動7選


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • いくつ知ってる?!セフレ以外にもある男女の〇〇フレの関係
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。