大人女子のためのWebメディア
検索
2020年06月19日更新

LINEでドキドキ!LINEで演出できる女の色気とは?

LINEでドキドキ!LINEで演出できる女の色気画像

気になる男性を振り向かせるために必要なのは女の色気…男性はドキッとした瞬間、あなたを一人の女性として見るようになります。ただ、男性と直接会わない限り色気を出すことは難しいです。

 

そこでおすすめなのがチャットでできる色気の演出。毎日のLINEの中で女の色気を出すことができれば、今すぐにだって男性をドキッとさせられますよ。

想像を利用した色気の演出

男性の想像力は色気を演出したい女性にとってぜひ利用したいもの。それもLINEで色気を演出できるとなれば尚更です。「色気=エロ」と結びつける男性が多く、これは女性にとって心外かもしれません。しかし、エロが色気の効果を高めるのは事実であり、「色気=エロ」の図式を無視してはいけません。

とは言え、直接的なエロは女性のイメージを著しくダウンさせてしまうため、実際に男性と会っている時にエロを武器にするのは禁物です。しかし、男性がエロいことを想像するとなれば話は別です。男性が勝手に想像するわけですから、女性のイメージを損なうことなく色気を演出できます。では、色気を演出するLINEならではの方法を紹介していきます。

(1) 「お風呂に入ってくるね」 

LINEを中断する際に使える一言です。この一言で男性は女性の入浴姿…つまり裸を想像します。それはエロが含まれる想像ですが、あくまでそれは男性が勝手に抱いた感情。女性は直接何かをしているわけではないため、女性のイメージがダウンすることはありません。

 

また、LINEを中断したくない場合には「お風呂に入ってきたよ」も効果的です。この場合も男性はお風呂上がりの女性の姿を想像するでしょう。この演出は、あなたを一人の女性として見ていない男友達に対して特に有効で、あなたを女性と意識するきっかけにもなります。

(2) 「今、着替えてる」 

これには2つの効果が期待できます。1つ目は色気の演出です。この言葉で男性は女性が着替えている姿を想像するでしょう。女性が着替えている時の下着姿を想像して、男性はドキッとします。これも、男性の勝手な想像であるため女性のイメージダウンにはならず、実際の下着のチラ見せよりも上品に演出できる色気といえます。

 

また、色気の演出ではありませんが、2つ目の効果として会話のネタにもなります。あなたが「今、着替えてる」とLINEした時に、男性が「どこか行くの?」と返信してくれば、外出先やその日の過ごし方の会話につながり、LINEでのやりとりを長続きさせられます。男性とLINEはしたいけど会話ネタに困るという女性に特におすすめです。

女性らしさを利用した色気の演出

LINEで色気を演出するには、女性らしさを感じさせるLINEを送ることです。では、どのようなLINEが女性らしいのでしょうか?…それは、文字どおり女性しか送らないようなLINEを送ることで、言い換えれば男性が送らないようなLINEを送るのがコツです。

 

こう説明すると言葉遣いを気にする女性が多いと思いますし、男性が言葉遣いで女性らしさを感じるのは事実でしょう。しかし、色気の演出を考えた場合は言葉遣いだけでなく、使用する絵文字やスタンプを工夫するのがおすすめです。

(1) イチャイチャ系のスタンプ 

有料のものを含めると無数に存在するLINEスタンプ、中にはカップルのイチャイチャが描かれたスタンプも多数存在します。少女コミックのようなイチャイチャ系のスタンプは、エロではなく甘さを感じるので、男性をドキドキさせる効果があるでしょう。

 

そもそも、LINEスタンプは無料スタンプを使う女性が多いため、有料のイチャイチャ系スタンプを使うと、色気だけでなく個性も出せます。「かわいい」「流行」「無料」だけに固執せず、時にはちょっと色気を感じさせるスタンプを探してみるのも良いですね。

(2) ハートの絵文字 

ハートの絵文字は脈ありサインを送るために使う女性も多いですよね。ハートの絵文字には女性らしさを感じさせる効果があり、色気の演出でも使えます。これは男性視点の意見ですが、やはり男性としては女性からのLINEにハートの絵文字が使われていればドキッとするもの。

 

特に、「嬉しい」や「楽しみ」など、感情を示す言葉の後につけるハートの絵文字は効果が高く、友人関係が長い男性に対しても充分女性らしさを感じさせられるでしょう。あまり高い頻度で送ってしまうと絵文字の価値も効果も半減するため、その点は注意してください。

 

今回は「LINEで演出できる色気」としてお伝えしましたが、正確には「文字で演出できる色気」であり、その意味ではSNSでの出会いでも効果が期待できます。「あの人はきっと私のことを女として見ていない」…そう悩んだ時にはLINEで色気を演出して、そこに女性らしさを感じさせましょう。例え直接会っていなくても色気を演出することは可能です。早速、今夜からでも実践してみてくださいね!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。