大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 次回デートのお誘いがない!初回限定になっちゃう女性の共通点と...
2020年07月12日更新

次回デートのお誘いがない!初回限定になっちゃう女性の共通点とは

次回デートのお誘いがない!初回限定になっちゃう女性の共通点とは

デートに誘われることがあっても、いつも2回目のお誘いがない…と悩む女性は意外とたくさんいます。ファーストデートがセカンドデートへと続かなければ、その後恋愛が発展することはありませんよね…。「どうしていつも!」と思うことになってしまう初回限定の女性には、実は共通点があるのです。

本音を言い過ぎる

ある程度親しくなった間柄であれば、お互いに本音を言い合えるのがカップルの理想です。しかし、この理想を親しくなる過程をすっ飛ばして、初回デートでズバズバと言いたいことを言われると、男性は困惑してしまいます。「何でお前にそんなこと言われなければいけない」「何でこの人にそんなことを話さなくてはならない」と、相手が不快に感じた瞬間に、近づきそうだった距離は瞬時に他人の距離に…。そのため、「無いな」と判断されて次の約束なく初デートは終わることになってしまうのです。

 

さて、男性はズバズバと言われて嫌なことは何かというと、欠点やコンプレックスを指摘されるのはもちろん、給与や貯金額、前の彼女と別れた理由など身元調査のような質問も良い気はしません。そもそも、まだ何も始まっていない状態でデリケートな領域に踏み込まれるのは、男性だけではなく女性も不快に感じますよね。

 

次のデートの誘いがないということは、何かしらのタイミングで自分が上記のような質問や発言をしてしまった可能性は高いです。「いつでも本音」のサバサバさを売りにしている女性は特に要注意。恋愛においては相手に気を使うことは必須条件。それに加えて空気を読む能力もデートには使わなくてはならないと覚えておきましょう。

奢られて当然の態度

お金に対しての考え方は人それぞれです。好意を寄せている女性には全て支払ってあげたい、金払いの良さで自尊心を見せたいという男性もいれば、デートは平等に割り勘にしたいと考えている男性もいます。だからこそ、会計となった時の女性の態度は非常に重要になってきます。

 

そのため、男性が支払いをして当然という態度は、割り勘主義の男性はもちろん払ってあげたいと考えている男性も違和感を感じます。会計の時にお財布を取り出す素振りすらなかったり、「ありがとう」や「ご馳走さまでした」といった礼儀もない女性には幻滅してしまい、2回目のデートに誘いたいと意欲が湧かなくなってしまうのは…当然かもしれません。

気を使われてるのに無反応

デートを男性から誘うのは、その女性に対して好意を持っているから。そのため男性は「いいな」と思っている女性を楽しませようと、あれこれ計画を立てて盛り上げようとします。デートプランに然りデート中のトークなど、例え女性側が「え?」と思うような内容でも男性は気を使っているんです。

 

ところが、女性が終始つまらなさそうな態度をとっていると男性は不安になって、「もうこの女性とは終わったな」とデートの中盤には判断をくだしてしまいます。元々喜怒哀楽があまり出ないタイプの女性もいますが、男性がデートを盛り上げようと一生懸命頑張っている中で、無反応であるように見えてしまうのは、相手に失礼ですよね。

 

なので、デート中は例え自分の気持ちと反していても、感謝も込めて「楽しんでるよ」「ありがとう」と言葉にしてあげましょう。自分の表情は確認できなくても、言葉にすれば男性には伝わります。また「楽しかったなら…」と2回目のデートを考える確率も上がってきますよ。

 

男性と、2回目のデートに続かないことが何度も繰り返されるのは、自分自身に問題がある可能性が高いです。自分では当然と思っていても、男性からすると何か違和感を感じているのかもしれません。次こそは恋愛を発展させたいと考えるならば、今一度自分の態度を見直して改める努力が必要になります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 次回デートのお誘いがない!初回限定になっちゃう女性の共通点と...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。