大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • セックスの際、男性が「どうでもいい子」に言えちゃうセリフって...
2020年07月23日更新

セックスの際、男性が「どうでもいい子」に言えちゃうセリフって?

セックスで男性が「どうでもいい子」に言えちゃうセリフ

愛情を確かめ合うためのセックス。でもだからこそ、愛がないセックスって如実に言動にあらわれるもの。言葉ひとつとってみても思いやりがなく、自分の欲望だけを優先していることが伝わります。

そこで今回は「セックスの際、男性が『どうでもいい子』に言えちゃうセリフ」についてご紹介します。

「ありがとう」

・「基本自分は何もしたくないので、セフレがフェ〇してくれたら『ありがとう』で終わらせます。逆に本命彼女が奉仕してくれたら、次は自分の番だと思って何も言わずに動きますよ」(34歳/営業)

 

一見「ありがとう」と言われたら好印象ですが、セックスの際は「俺は何もしないから」というサイン。セックス中も本命女子には口だけではなく、行動に移します。自分ばかり奉仕していて、彼が前戯すらまともにしてくれないようなら、それが答えなのかもしれません。

「もっと○○してよ」

・「どうでもいい子には注文が多くなります。別に嫌われても構わないので『ここも舐めてほしい』と、きわどいところのおねだりもしちゃいますね」(30歳/広告)

 

必ずしもセックス中のおねだりが悪いわけではありません。でも彼は動かないのに、やたら注文が多いのはフェアではないですよね。自分が気持ち良くなることしか考えていないからこそ、あなたをこき使えるのでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて様々なWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、辛い恋愛、共に皆様の心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」 Twitter:@Kazu_367
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • セックスの際、男性が「どうでもいい子」に言えちゃうセリフって...