大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • エッチがものたりない…「愛情」と「満足度」が両立するエッチは...
2020年08月08日更新

エッチがものたりない…「愛情」と「満足度」が両立するエッチは可能?

エッチがものたりない…「愛情」と「満足度」が両立するエッチは可能?

セックスが物足りなくて満足できない場合、解決策の基本は普段と違ったセックスに挑戦することです。同じセックスの繰り返しによるマンネリで悩んでいるのであれば、少々過激なプレイに挑戦するのもありでしょう。しかしその場合、今度は愛情を感じられないセックスになってしまい、また新たな不満が勃発してしまいます。

物足りないセックスに対する打開策として過激なプレイをすれば、そのセックスはまるでAVのようになって愛情を感じられない…しかし、愛情を感じていた今までのセックスでは物足りない…では、愛情と満足度を両立させたセックスをするにはどうすれば良いのでしょうか。

「愛情を感じるセックス」と「満足度の高いセックス」の特徴

エッチがものたりない…「愛情」と「満足度」が両立するエッチは可能?

愛情と満足度を両立させたセックスの方法を考えるには、まずはそれぞれの特徴を想像してみましょう。愛情を感じるセックスですが、これは文字どおり「愛されている」「大切にされている」と実感できるセックスです。満足度の高いセックスは、マンネリ状態を前提として考えるなら「今までとは違ったセックス」であり、そこには多少なりとも過激さが求められてきます。

(1) 愛情を感じるセックスの方法 

愛情を感じるセックスをするためには、何より愛情表現がなくてはなりません。ここで効果的なのは言葉です。「好きだよ」「愛してる」など、セックス中に愛情を示す言葉を伝えたり、相手からも伝えてもらうことで愛情を感じることができます。また、言葉と共に愛情を感じやすい行為はキスが該当します。

「触れる」や「舐める」は確かに愛情なしでできない行為ではあるものの、エロさがミックスされる分、愛情と直結しづらいのが正直なところですよね。しかし、キスであればエロさとは関係なく触れることで愛情を感じることができます。セックスではキスを大切にする意識をした方が愛情を感じやすくなります。

(2) 満足度の高いセックスの方法 

物足りない不満を解消させるために満足度の高いセックスを求めるなら、過激さを意識しなければなりません。例えば、胸を触るだけでは満足できない場合、胸を舐めてほしいと思うようなものです。セックスに物足りない不満を解消するなら「過激」のキーワードは必須。いつもとは違うセックスを求めて「今度〇〇なセックスをしてみよう」と思った時、大抵その「〇〇」には今までよりも過激な行為が含まれるようになります。そのため、満足度の高いセックスは自然と濃厚で激しいセックスにと行為を変えていきます。

愛情を感じながら満足度の高いセックスをするには?

エッチがものたりない…「愛情」と「満足度」が両立するエッチは可能?

悩むことに「愛情を感じるセックス」と「満足度の高いセックス」の特徴はまるで真逆。セックスが愛情行為である以上、そこに愛情がなければ成立しません。しかし、現実的には満足度も大切であり、いくら愛情を感じても満足できなければセックスに不満を持ってしまうでしょう。ただ、特徴が真逆であるため愛情と満足度を両立させたセックスは難しくなってしまうのです。そこで、あえてマンネリ化を打破する満足度の高いセックスを優先させ、愛情はセックス前やセックス後に感じられるような方法の取り方を提案します。

(1) 愛情はセックス以外の場面から感じるようにする 

満足度を優先したセックスの場合、普段と違ったセックスをすればマンネリで悩むこともなくなり、過激なプレイをすれば恥ずかしさやエロさがスパイスとなって満足度が高まるでしょう。では愛情を感じるにはどうするのか…これについては、セックス以外の場面で実感する方法がおすすめです。

例えば、セックスが始まる前の時間を大切にするのもひとつの例。セックスが激しくなる前の前戯としてデートや話す時間をとって穏やかな愛情を楽しみます。日々の生活の中でいえば、お互いに相手の仕事を労ったり、ちょっとしたプレゼントをしあうのも良いでしょう。あえてセックスで愛情を感じる行為を求めず、それ以外で率先して愛情を感じられる行為を増やしていく方法です。

(2) セックス後のイチャイチャ時間を大切にする 

セックス中ではなくセックス後の時間を使う方法も、例え過激なセックスをしたとしても愛情を感じられやすくなります。過激なセックスをする場合、そこには多少なりともお芝居が混ざっています。例えば女性を激しく責めるドSの男性だって、普段から女性にそのような態度をとっているわけではありませんよね。

だからこそ、セックスが終わった後にはイチャイチャする時間を作り、そこでお互い愛情あるキスや言葉をたっぷりかけ合うのもひとつの方法なのです。実際、愛情あるキスや言葉で満たされたセックスでも、セックス後に何もなければ結果的に愛情の感じられないセックスになってしまうでしょう。

 


「愛情がある=満足できる」の考えの場合は問題ないですが、そうでない場合はそれぞれを両立させたセックスを考える必要があります。そのために、まずは満足できるセックスを優先させること。愛情はセックス以外の場面で実感できるように、そして満足できるセックスをした後にイチャイチャできる時間を確保すると、どちらも愛情を感じつつ満足度の高いセックスをすることが可能になってきます。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • エッチがものたりない…「愛情」と「満足度」が両立するエッチは...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。