大人女子のためのWebメディア
検索
2020年11月09日更新

失敗するとは限らない!スピード婚で成功する夫婦の特徴

失敗するとは限らない!スピード婚で成功する夫婦の特徴

芸能人のスピード婚のニュースを聞いた時、「すぐ離婚するだろうな…」なんて思ってしまいますよね。付き合って数ヶ月の結婚は確かにリスクが高く、離婚率の高い結婚の形であることは間違いないでしょう。

とはいえ、スピード婚が決して間違った選択とは断言できません。スピード婚をして成功するか…それは運などではなく、成功するカップルには理由があるのです。

スピード婚を成功させるためには?

失敗するとは限らない!スピード婚で成功する夫婦の特徴

婚活をしている女性にとって、彼氏ができた時ほど嬉しい瞬間はないでしょう。しかし、その瞬間はゴールではなくスタートであり、今日から始まる付き合いの中で結婚に向けて彼氏のことを深く知っていく期間です。「付き合う期間=相手を知る期間」であるわけで、この認識が重要になってきます。

付き合う期間が短ければ相手を知る期間も短く、相手のことをよく知らないまま結婚に至ってしまう…これがスピード婚はダメだと言われる理由です。

つまり、言い換えればこの問題さえ解消されれば、同時にスピード婚のリスクも解消されるわけです。

相手をよく知っておく 

さて、「相手をよく知る」と言っても具体的に何を知っておけば良いのでしょうか。結婚生活を考えた時、知っておかなければならないのは次の5つです。

 

(1) 性格

長所はもちろん、短所も把握して受け入れなくてはならない
(2) 経済力

そもそも経済力がなければ生活は不可能
(3) 家族関係

親と仲が悪い、親の介護が必要な場合などは苦労する可能性が高く、未来への覚悟が必要
(4) 身体の相性

相性が悪いと不満が出て、将来の浮気やセックスレスに繋がる
(5) 価値観

価値観が違うとお互いの行動を認められなくなり、衝突が絶えなくなる

 

もちろん、これら以外に重要視する部分もあると思います。例えば、「笑いのツボが同じじゃないと一緒にテレビが見られない!」という意見も聞きますね。

そうはいっても、結婚するからには付き合う中でお互い最低限上記の部分については知っておく必要があるのです。

「長く付き合う=結婚が成功する」とは限らない 

彼氏に対して上記であげた5つを知るには、それなりに時間がかかります。その意味では長く付き合って結婚した方が成功する確率が高いのは間違いないでしょう。長く付き合えばそれだけ時間があり、時間があるほど相手の知る機会が多いのは確かです。それでも「長く付き合う=結婚が成功する」とは限りません。

 

例えば、長く付き合って相手を知った時に、自分の条件にどうしてもそぐわないことや、彼の性格で気になることがあったとします。長く付き合ったから、その点以外は問題ないし、なんとかなるかもしれない、彼の性格も変わるかもしれないと思っても、結局その問題点が原因で結婚生活がうまくいかなくなることもあります。

反対に、スピード婚でも上記5つを全て知り、問題がなかった場合は結婚における不安は一切なくなります。

スピード婚でも成功している夫婦の特徴

失敗するとは限らない!スピード婚で成功する夫婦の特徴

では、スピード婚で成功している夫婦を考えてみましょう。結論を言うと、その夫婦とは「性格・経済力・家族関係・身体の相性・価値観」の全てにおいてお互いを認めている夫婦です。さて、ここで気になるのはそれだけのことをどうやって短期間で把握して理解し合ったのかという点ですね。

そして、その理由こそ「スピード婚で成功する夫婦の特徴」の答えになります。これに該当するのは「既に以前から知り合いだったカップル」と「婚活サイトで知り合ったカップル」であり、これら2つの形で付き合っているカップルならスピード婚でも成功する可能性は高いです。

以前から知り合いだったカップル 

「付き合って〇〇ヶ月」は、文字どおり付き合った日からカウントしている数字です。そこで、付き合った期間が同じの2つのカップルを比較してみましょう。

 

カップルA :付き合って3ヶ月。知り合ったきっかけは合コン

カップルB :付き合って3ヶ月。小学生の頃からの幼馴染

 

どちらのカップルも付き合った期間は同じ3ヶ月ですが、「お互いを知る」という点では大きな差があり、カップルBの場合は付き合う以前の段階で「身体の相性」以外の全ての把握が可能ですね。つまり、以前から知り合いだったカップルの場合、既にお互いを理解していればスピード婚でも成功できるのです。

婚活サイトで付き合ったカップル 

「サイト」と表現したのはあくまで一例であり、婚活アプリでも結婚相談所でもかまいません。ポイントは「結婚相手を求めた男女が付き合った」ということにあります。この場合、付き合った時点でお互い結婚相手として意識しているので、必然的にお互いが早々に「性格・経済力・家族関係・身体の相性・価値観」に注目します。

本来、このような部分は意識せずとも付き合う過程で徐々に理解するものですが、それを最初から意識することで、付き合って間もない期間でも、ある程度相手を理解することが可能になります。そのためスピード婚をしても問題が起こりづらく、むしろダラダラと長く付き合っているカップルに比べて結婚に成功する確率は高いです。

 

お互いのことを何も知らない男女が結婚すれば、たとえお互い好きという気持ちがあったとしても、結婚は失敗する可能性があります。お互いを理解するには時間がかかり、スピード婚が失敗しやすいのは、お互いを理解する時間が不足しているのが原因です。

ただ言い換えれば、お互いを理解していればスピード婚における問題は解消されることにもなります。その意味では、知人・友人としての期間が長いカップルや、結婚を前提とした婚活サイトで知り合ったカップルは、スピード婚をしても充分成功できるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。