大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • よそのカップルがうらやましいと思う人の問題点【ひとみしょうの...
2020年08月21日更新

よそのカップルがうらやましいと思う人の問題点【ひとみしょうの余談ですみません】

よそのカップルがうらやましいと思う人の問題点

彼のことを愛しているはずなのに、なぜかよそのカップルがうらやましく感じられる。そして、そのような自分を「こんなんではダメやわあ」と思う――そのような人は、なぜよそのカップルをうらやましく思ってしまうのでしょうか?

今回はそのことについて、一緒に考えたいと思います。

よそのカップルがうらやましいと思う理由

よそのカップルがうらやましいと思う人の問題点

よそのカップルがうらやましいと思うというのは、端的に「別の自分になりたいと思っている」ということです。

今の自分にそこそこ満足しているけれど、でも、なにか機会があれば、よそのカップルみたいに「生き生きと輝いているわたし」「彼とラブラブな関係になれるわたし」になりたいと思っている――すなわち、「別の自分」になりたいと思っている。だから、よそのカップルがうらやましく思えるのです。

「別の自分」になりたい人のことを、キルケゴールは、端的に「絶望している人」と呼びます。

絶望とは、言い方を換えると、「毎日、なんとなくパッとしない」「彼氏がいるのに、なんとなく淋しい」という、あの閉塞感のことです。

では、どうすれば、わたしたちは絶望から救われるのでしょうか?

よそのカップルがうらやましいと思わない人になる方法

キルケゴールは、「過去に縛られている心を解き放ちなさい」と言います。

よそのカップルがうらやましいと思う人って、たとえば、高校のときの彼氏こそが最高の彼氏であって、今の彼氏は好きだけど、でもその彼より見劣りがする、と思っている人です。

あるいは、高校の時に最高の彼氏と出会えた自分が「最高の自分/理想の自分」であって、今の自分は「仮の自分」でしかない、と思っている人です。

いずれの場合も、高校生の頃、つまり「あの頃=過去」に気持ちが縛られているでしょ?

だから、今の彼が、じつはどんなに素晴らしく、また、どんなにあなたのことを愛してくれていても、「いまいちパッとしない」とか「もっとほかに<最高の恋愛>があるはずだ」と思ってしまうのです。その結果、漠然と、よそのカップルがうらやましいと思うのです。

 

心の解き放ち方はわりと簡単で、頭でなにかを考える時間を少なくして、五感でなにかを感じる時間を増やすといい――これだけのことです。

考える、というのは、つねに過去に固執していることを指すからです。

対照的に、感じるというのは、今この瞬間になにかを感じるということでしょう?

花鳥風月を愛でることを例に挙げると、今この瞬間に、目の前のこの花が光を受けてきらめいている、そのさまが美しいと、今感じるということでしょ?

ポイントは「今この瞬間」に集中すること

よそのカップルがうらやましいと思う人の問題点

わたしたちが感じている「今」とか「過去」というものは、どこまでが過去でどこからが現在なのかという、明確な線引きがむずかしいですよね。

それもそのはずで、わたしたちは、竹を割ったように時間を捉えていないからです。わりとあいまいな感覚として、わたしたちは「過去の自分は嫌い」とか「今の自分はまあまあ好き」などと言うでしょう?

なので、今五感を使ってなにかを感じると、よそのカップルがうらやましいと思わなくなります、と言ったところで、そうすることとはどうすることなのか、いまいちピンとこなかったりしますよね。

でも「今」なんですよ。

今この瞬間になにかを感じること、を積み重ねる先に、よそのカップルをうらやましいと思う自分から卒業できる時が待っているのです。

それがむずかしいと思うのなら、まったく新しいことに挑戦するといいです。

たとえば、なにかの資格をとるために勉強をはじめるとか。あるいは、短大卒の人なら、通信制の四年制大学の卒業資格をめざして勉強するとか。

自分を新しい環境に投げ入れると、人は放っておいても「今」に気持ちを集中させ、その必然の結果として、過去のことなどいとも簡単に忘れるからです。(ひとみしょう/作家・コラムニスト)

ひとみしょうさんへのお便り募集中!

文筆家ひとみしょうさんにあなたのお悩みを送ってみませんか?

恋愛・仕事・人間関係などなど、大人女子の悩みを男性ならではの視点でお答えします。お悩み以外のご意見・ご感想でもOKです!

たくさんのお便りお待ちしております。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • よそのカップルがうらやましいと思う人の問題点【ひとみしょうの...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。