大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【女子のばんそうこう】「俺様」はマンガの中だけにしとけ、とい...

【女子のばんそうこう】「俺様」はマンガの中だけにしとけ、という話。

 

 

最近、20年前くらいのマンガをいくつか読み返したのですが、当たり前ながらいま読むとそこに描かれる男女の価値観に「えっ…」となることが多いです。

特に少女マンガに登場しがちな「俺様キャラ」。才能豊か・自信満々・超絶モテ・頭の回転早い・イケメン・セクシーという魅力のかたまりながら、唯我独尊で女たちを振り回す男子。そのキャラ造形自体は全然いいんです。ただその俺様が主人公に上から目線であれこれ示唆し始めると「いや無理…」ってなる。主人公は彼を尊敬し絶対視しているのでグサグサ来ながらもその言葉を天啓のように受け止め、甘えを引っ込め、いい女になるべく頑張る。でもすっかり年寄りになった私は「これただのモラハラ男じゃん。その裏側に隠された繊細さと弱さ?そんなのテメーで処理しろ!」となってしまいます。

 

確かに俺様オトコはパッと見は魅力的。強気で断定的なので頼もしく、ヨロリとすがりたくなる。「こっちの顔色うかがってばかりの男子よりいい!」という女子もいるかもしれません。でも現実世界ではほんと気をつけて欲しい!もしあなたが恋愛において次に挙げるような状態になっていたら、その俺様はモラハラなのでやめといた方がいいかもしれないです。現実だとオラオラではなくてもパートナーの前では俺様になる男性もいますしね…。

 

★好意も誘いも言葉はすべてこちらから

俺様は自分が負けたくないのでとにかく「言質を取られる」ことを避ける。だから自分では決めない&言わない。とにかくあなたに選ばせて言わせようとする。「すべてお前自身が好きでやったこと」にしたいのです(よく考えたらこの手法はカルト団体とおんなじだ)。なので結果的にこっちばかりが一方的に好きみたいな徒労感が消えない。

 

★彼の価値観に従わされる

「俺はこういう主義だから」「こういう女は嫌い」などを絶えず聞かされている。それがパッと聞いた限りでは納得性が高い、というのがくせもの。彼の中(だけ)にある規範や正義や価値基準をいちいち提示され照らし合わされ、そこにそぐわないあなたの言動にはダメ出しが飛んでくる。

 

★手順や物言いを1つ間違えるとアウト

その彼基準に慣らされてしまうと、おのずと彼の顔色をうかがいながら一緒に過ごすことになる。某少女マンガでも主人公のモノローグに「しまった…こういうの彼は嫌いなんだった」というビクつきが頻出してましたがまさにそれ。自分の素直な気持ちよりもまず「彼が気に入るかどうか」で振る舞いを決めるようになる。

 

【女子のばんそうこう】「俺様」はマンガの中だけにしとけ、という話。画像

 

★「頑張らなきゃ」と思ってばかりいる

そうなると次は「もっとこうしなきゃ好いてもらえない」「私が甘ったれてるからいけないんだ」という考えがわいてくる。自分を磨く努力はよいことだけど、自責思考が過ぎて「まだまだ頑張りが足りない」「私ってダメな人間だ」になってゆくと危ない。「彼にふさわしい女になる」ってほんとそれ必要ですか?頑張ったご褒美や報酬としてやっと彼からの優しさや愛情がもらえるとしたら、それは果たして対等な関係なのでしょうか。

 

★素の自分をほとんど見せられない

恋愛も結婚も、続けてゆけばお互いのダメなとこしょーもないとこが出てきて当たり前だし、そもそもパートナーになる段階で「そういうところもひっくるめて好き」くらいじゃないと難しいですよね。でも「努力して○○な女になってやっと評価される」みたいな関係だと、あなたが素を出せる場面はほとんどなくなる。個人的な意見ですが、幸せな恋愛生活に努力って必要ないです。もちろんお互いを理解し思いやり歩み寄る努力は人間として必要。でも、自分だけが必死の思いで変身する努力はいらねーんです。あなたがあなたらしくのびのびしてる姿に惚れてくれる人はたぶん別のとこにいる。

 

例え「お前のためを思って」とか言われたとしても、その人果たしてあなたのこと好きなんでしょうかね…?欲しいのは彼女ではなく召使いか信者なのでは?どんなにイケメンで才能あって魅力的でも、女子の自己肯定力を伸ばすどころかブチブチ摘み取ってゆくような男はパートナーにしちゃだめ。あなたの心と魅力が死んでしまいます。彼はひとりで遠くで輝いてもらって、こちらはのびのびしあわせになるために相手を選びましょう。

 

 

今日のおたより

この記事を書いてくれてありがとうございます。LINEでたまたま見てこちらに飛んできました。なんか自分の気にしていることを誰かが代弁してくれるのは救われた気持ちになります。応援してます。これからはたまに見にきます。こういう気持ち悪い男性がへってくれます様に。切実に願います。(ゆう)

 

ゆうさんLINE NEWSからありがとうございます!「男に『キモい!』と言うこと。」へのおたよりですね。ゆうさんの思いを代弁できてよかったです。ほんとこういうのっていつも「自衛も気づかいも全部オンナがやれ」で腹が立ちますよね。こういう気持ち悪い男性に「やめろ」と言える男性たちがもっと増えたらいいのになとも思います。(あゆみ)

 

バツイチのシングルママです。私には付き合って1ヶ月の彼氏がいますが、彼もこどもを育てているシングルパパです。お互い再婚の意思が強く、彼が私の実家に挨拶に行くと言ってくれていますが、私の実家では再婚に猛反対。もう35だし、自分の人生を自分で決めたいと言うと父親には勘当する!と言われ、別に悪いことしてないし、再婚したっていいんじゃないか。と思っています。経済的には援助されていないので、問題ないと思うのですが…どうしたらいいでしょうか。ちなみに、彼の実家では承諾を得ています。(まぁたん)

 

まぁたんさんこんにちは!私は子供がいないゆえこういうお悩みにどう答えていいのやら…。おそらく親御さん世代だと結婚観も「親子たるもの」という概念もだいぶ違うだろうし、子連れだと「やっぱ合わない…やめた」とは簡単にいきづらいでしょうし、「あなたたちのことを思って」なのでしょうけどね。そのあたりもまぁたんさんと彼氏さんは納得した上でかとは思いますが、私からひとことあるとすれば「付き合って1ヶ月で結婚って早くね??」ってことですかね。子供あるなしに関わらず、1ヶ月だと相手のしょーもないとこがまだ見えてこない気がします。どんなにバチコーンと「この人だ!」と思っても、お互い必ず「しょーもな!」ってとこがある。あっていいんです。でもそこを見極めて「でも大丈夫」と思えるためにもう少しだけおつきあいを続けても、いいのではないでしょうか…?お互いのお子さんが相手に抱く感想も、変わってくるかもしれないし。(あゆみ)

 

「女子のばんそうこう」にお便りください!

コラムに対するご感想、ご意見、共感、お悩み、相談、私の恋愛事情、男について女について、こんどうあゆみへのメッセージ…どんなことでもOKですのでお気軽にどうぞ!
(おたよりは掲載する場合もありますのでペンネームを添えて下さいね)

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

広告会社コピーライターからなぜかダンサーに転身、その後IT企業でライター&クリエイティブディレクターとして勤務。共同購入「ギャザリング」やブランド買い取り「ブランディア」の名づけ親。2000年から「広野ゆうな」のペンネームでメルマガやブログを書き続け、ごく一部でコアな人気を博す。現在はフリーでライティング、ネーミング、コピー、コラム、振付など手がける。Blog: 「フーテンひぐらし」 Twitter: @HironoYuna
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 【女子のばんそうこう】「俺様」はマンガの中だけにしとけ、とい...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。