大人女子のためのWebメディア
検索
2020年10月20日更新

追撃LINEは我慢!一日たっても既読にならないLINEの理由とは

追撃LINEは我慢!一日たっても既読にならないLINEの理由とは

彼にLINEを送ったのに返事が来ないだけでなく、既読にもならない…となると心配になってしまいますよね。いても立ってもいられず、返事が来るまでLINEを連打してしまう…!といったNG行動をとってしまわないよう「彼のLINEが一日たっても既読にならない理由」を紹介します。

本当に忙しい…

LINEが既読にならない場合、そもそもLINEを確認していない可能性が一番高いです。既読にはなったものの返事が来ないといった場合とは違い、既読にすらなっていない場合はそもそもLINEを開いてさえいないのです。日常的にLINEはチェックしていても、場合によっては忙しくてそんな暇がない…といった日もありますよね。

 

日中は学校や仕事で忙しく、帰ってきたら疲れ果ててLINEどころではないといったこともあるのです。そのため、後からLINEをいざ開けた時に追撃のLINEが入っていると、男性は恐怖感を覚えます。未読スルーの理由が忙しさなら、落ち着けば既読になるはずです。とりあえず、まずはもう一日まで待ってみましょう。

LINEのアプリ自体が利用できない

既読がつくタイミングや返信が早いタイプなのに、なかなか既読にならない場合には、LINEの利用環境が障害となっていることも実は少なくありません。LINEのアップデートをしたら調子が悪くなった、LINEが起動しない、機種変更したもののアカウントの引継ぎがうまくいかない…などの理由でLINEが利用できなくなることは、よくあるものです。

 

また、スマホを壊してしまったり、なくしてしまったということになれば、LINEの利用もできません。本人の意思に関わらず、LINEを利用できない環境にいる場合もあるので、そう簡単に追撃LINEを送るのはやめておきましょう。

LINEの利用頻度が低い

LINEは、毎日こまめにチェックするという人もいれば、時間がある時だけチェックするという人もいます。仕事にも利用している場合であれば、仕事が休みの日はオフ!ということでLINEを見ない場合もあります。普段からどのように利用しているかにもよりますが、もともと利用頻度が低いタイプの男性もいます。その場合、一日や二日たってから悪気なく返信がくる場合も。

 

緊急の用事であれば電話が来るだろうと思って、LINEはある程度溜まってからメールのように返す人もいます。彼がLINEをどのように使っているかで、未読であっても脈アリの可能性は充分にあるでしょう。焦って追撃LINEを打つよりも先に、まずは彼のLINE利用頻度を確かめてみて。

未読スルーは焦らず待とう

LINEが一日たっても既読にならない場合、追撃のLINEを送りたくなるものですが、グッと我慢した方が賢明です。忙しくてLINEをしている余裕がなかったり、利用環境に問題があったりと未読には様々な理由が考えられるので、焦らず待つことは欠かせません。いつもの様子と比較し、反応が遅い理由をまずは考えてみてください。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。