大人女子のためのWebメディア
検索
2020年10月15日更新

家事が苦手な女性って…男性にどう思われてる?!

家事が苦手な女性って...男性にどう思われてる?!

男性から見た女性の魅力は、人により様々と言えるでしょう。元気で活発な女性を好む男性もいれば、控えめで大人しい女性がタイプの男性もいます。料理や掃除などの家事の能力は、男性の心理にどのような影響を与えるのでしょうか?

男性から見た家事をこなす能力の重要性

一人暮らしの男性であれば、家事を自分でこなさなければなりません。仕事や趣味で忙しくて少しでも家事を怠れば、食生活が乱れ、部屋の中が散らかり放題になってしまうこともよくわかっています。

こうした男性は、家事の手間や大変さを知っており、効率的に家事をこなせる女性に対して敬意を持つでしょう。

 

一方、一人暮らし経験がなく、実家で母親と暮らしている男性は、母親の家事の能力を基準として考えるため、交際相手の女性が自分の母親並みに家事をこなせることを無意識に求めるかもしれません。

いずれにしても、女性がどの程度家事をこなせるかという点は、男性が注目するポイントになることはあるでしょう。

家事が得意な女性に対して男性が抱くイメージ

料理が上手くて、食器洗いや洗濯物をテキパキとこなし、掃除がきちんとできる女性は、男性が安心して一緒に生活を送れるので、重宝されることは言うまでもありません。家事が得意な女性は、他の面でも効率的に作業を進める能力が高いと考えられるので、仕事や人間関係も要領よくこなせると思われているでしょう。

 

ただし、少しだらしない生活の方がリラックスできる男性は、こうした女性に対して多少窮屈に感じるかもしれません。家事が得意な女性は、男性に対しても部屋の整理整頓などを行うよう要求する可能性が高いからです。

家事が苦手な女性に対する男性のイメージ

男性のなかには、女性イコール家事ができると思い込んでいる人も少なからずいるので、そういう人からしたら家事が苦手な女性は残念に感じるでしょう。

家事の苦手な女性は、実家で家事の手伝いなどを求めらてこなかった場合が多く、やり方を知らないだけということもあります。また、多少部屋が散らかっていても気にしないおおらかな性格だというケースも少なくありません。

毎日家事がきちんとこなされていなくても、ゆったりと寛げる生活を求める男性にとっては、さほど問題にならないでしょう。

家事は女性の役割ではない

家事が苦手な女性でも、男女の恋愛関係にほとんど影響はないでしょう。

また、男女平等の原則が尊重される現代において、家事が女性の役割という考え方は古くなっています。

2人が協力しながら家事をこなす体制ができれば、より深い絆を築くきっかけにもなります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。