大人女子のためのWebメディア
検索
2020年08月27日更新

既婚男性が「不倫相手を探そう」と思う3つの瞬間

既婚男性が「不倫相手を探そう」と思ってしまう3つの瞬間

性欲だけで既婚男性が不倫相手を探すと思っていませんか。実は既婚男性は性欲だけではなく、複数の理由で不倫相手を探していることがあります。

男として頼りにされなくなった時

年齢を問わず、男性は男として頼られることで、自分の存在意義を自覚する生き物です。仕事を頑張って、家では父親として子供の面倒を見ている以上、妻には男として頼ってもらいたいという願望を持つ人が少なくありません。

しかし、現代の女性は家事も育児も、さらに仕事もできて当たり前というような風潮に懸命に応えてきたため、男性に頼らず何でもできてしまう人が多いのです。

何でもできてしまう姿が男として頼りにされていないと感じ、男性がさみしさを感じてしまうこともあります。さみしさを感じる人の中には、不倫相手を探すことが頭をよぎってしまう人もいます。

すべてにおいて子供を優先されたとき

子供ができてから妻が子供にかかりきりになり、構ってくれなくなったというさみしさから不倫相手を探す人もいます。何をするにも子供優先であり、夫は二の次という場合、何のために自分はいるのかわからなくなると考える男性は多いです。

自分たちの子供のためとわかっていても、子供を一番に考える妻に対して、男性としてもやもやとした気持ちを抱く人もいます。子供を優先して、夜の生活も一切なくなってしまうことがあると、一部の男性は不倫相手を探すことを考えてしまいます。特に妻がワンオペ育児の既婚男性に多い傾向です。

お酒を飲む場に行ったとき

お酒を飲む人の中には、普段は真面目であっても、酔うと普段とは打って変わって気が大きくなってしまう人もいます。お酒を飲むシーンは会社帰りの同僚とだけではありません。男同士の付き合いが多い人ほど、女性が接客をする場所に出かける機会が多く、理性のタガが外れてしまうことも少なくありません。

家庭があってもちょっとだけならいいだろうという発想が浮かんでくることが、お酒を飲んでいるときにはあるという人もいます。

 

男性が不倫相手を探したくなる心理を理解したら、独身女性は相手のターゲットにならないように行動することが必要です。

一緒にお酒を飲みにいかない、業務上以外の雑談はなるべく最低限にとどめる、絶対に二人きりにならないなど、不倫のターゲットにならないよう、距離を保つことが必要となります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。