大人女子のためのWebメディア
検索
2020年08月31日更新

心配無用!女性から告白してもちゃんと長続きするコツ3つ

心配無用!女性から告白してもちゃんと長続きするコツ3つ

告白は男性側からしてほしい!そう思う女性は確かに多いのかもしれません。追う男と、追われる女という形に憧れるのでしょうか。しかし、告白は始まりの合図でしかありません。恋愛は始まってからが大切。長続きのコツを3つご紹介します。

共通の趣味を持つ

長続きの王道は、やはり同じ趣味を持つことです。そもそも趣味が一緒だから仲良くなり、付き合うようになったというカップルも多いと思います。自分が面白い楽しいと思うものを、同じように、楽しい好きだと感じてくれていると、それだけで親近感が湧きますよね。

これは異性に限らず同性でも同じことですね。共通の趣味は他人だった人同士の距離を一気に縮め、性別や年齢を超えて「仲間」という意識を持ちやすくなります。好意のある異性同士、カップルであれば尚のこと会話が弾み、2人だけの親密な距離が作れ絆が生まれるでしょう。

彼を頼っていい

男性は頼られることが好きなもの。頼りにされることは、男として単純に気持ちが高揚するものなのです。重いものを持ってもらったり、高いところのものを取ってもらったり。何でもいいので日常の生活で彼をたくさん頼りましょう。

雑用を押し付けただけにならないよう、必ず最後は優しくお礼を言ってあげると良いですね。彼の中で、もっと彼女の役に立ちたい !という気持ちが育っていくでしょう。

告白が彼女からであったとしても、お付き合いしていく中で、彼の中に彼女を守りたい、守らなければ!という気持ちが芽生えれば、長続きしやすくなるのではないでしょうか。

気持ちを言葉で伝える

何かをしてもらったら、必ず「ありがとう」を忘れずに言う。当たり前のことのようですが、好きで好きでたまらないアツアツの時期を過ぎ、慣れてくると、ついついお礼の言葉を忘れてしまうこともありますよね。

血の繋がった家族なら、あ・うんの呼吸で「やって当たり前」「してもらって当然」の関係があってもいいと思いますが、どんなに仲のいい気の合うカップルでも、他人であることは変わりません。隣にいて当たり前だと思わないようにしましょう。

慣れは怖いものですが、大切な人が隣にいてくれることに慣れてしまうことほど、悲しいことはありません。一緒に居られることの幸せを、忘れないようにしたいですね。「ありがとう」や「好き」の気持ちは、ぜひ言葉にして彼に伝えましょうね。

始まってからの態度が大事

彼女から告白したら、付き合ってからも、ずっと彼より自分の方が好きの気持ちが大きい、なんてことはありません。お付き合いが始まったら、きちんと自分が相手を思いやる気持ちを言動で伝えていきましょう。

片思いから始まった恋でも、相手を大事に想う気持ちが伝われば、きっとその思いは相手からも返ってくるはずです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。