大人女子のためのWebメディア
検索
2020年10月30日更新

LINEに込められた男性のサインとは?男性が嫌がらないLINEテクニック

絶対に覚えておこう!男性が嫌がらないLINEテクニック

男性とのコミュニケーションで難しいのがLINEです。確かに、LINEはいつでもメッセージを送り合える点で便利ですが、ただ男性はLINEに対して手間や面倒さを感じる一面もあり、そのため女性の送り方次第では印象が悪くなってしまうでしょう。

そこで、知っておかなければならないのが「男性が嫌がらないLINEテクニック」です。ここは男性の視点に立ち、男性が望むLINEと望まないLINEを解説していきますね。

LINEに込められた男性のサイン

絶対に覚えておこう!男性が嫌がらないLINEテクニック

男性は長々とLINEを続けるのを好まず、適度なタイミングで切り上げようとします。とは言え、それをストレートに伝えようとする男性はまずいないでしょう。

そこで、男性はLINEを終わらせるため女性にサインを送りますから、女性はそれに気づかなければなりません。また、聞かれたくないことを聞かれた時、話題にしたくないことが話題になった時もサインを送るため、やはりそれにも気づく必要があるでしょう。

(1) LINEを終わりたいサイン 

LINEを終わりたい時のサインは一般的に2つのパターンがあり、1つは「文章のやりとりが続く中でスタンプを送る」、もう1つは「今から〇〇をする」、「今から△△に行く」などと伝えるパターンです。スタンプのサインは何となく気づく女性が多いのですが、問題は後者のパターンであり、例えば次のような失敗例があります。

 

男性「今から仕事行くね」
女性「仕事結構忙しいの?」

 

この場合、男性は仕事に行くことを伝えているため、女性の返信は「頑張ってね」や「行ってらっしゃい」が正解。しかし、ここで上記のように送ってしまうと男性は再び質問に答えなければならないため、女性とのLINEが面倒に思えてしまうのです。

(2) 今の質問や話題を止めたいサイン 

質問や話題に対して男性が乗り気でない場合、それはその質問や話題を止めてほしいというサインです。このケースでは、男性は曖昧なメッセージを送るケースが多く、例えば「よく分からない」や「どうだろ」のような答えになっていない表現を使います。

 

女性「どっちがいい?」
男性「う~ん、どっちもいいかな」
女性「敢えて言うならどっち?」

 

ここでの失敗例は、そんな男性の曖昧な表現に対して上記のように追求することですね。男性の回答から判断して興味が薄いのは明白であり、このように追求すると男性は困ってしまうでしょう。また、何より曖昧な表現をしている男性は明らかにLINEを楽しんでいないため、そんなLINEを続けてしまうのは逆効果です。

質問攻めをする時の正しい質問の仕方

絶対に覚えておこう!男性が嫌がらないLINEテクニック

質問攻めのLINEを男性が嫌がることは言うまでもなく、そのため敢えてここでの解説は控えます。ただ、それを分かっていつつも、どうしても質問したいケースがあるでしょう。

例えば、SNSで出会った場合はお互い何も知らないため、どうしても多くの質問をしてしまいますよね。ここで解説するのはそんなケースであり、つまり「どうしても男性に質問攻めをしたい時の注意点」です。

(1) 1つのテーマに対して追求しすぎない 

例えば、男性に対して「好きな女性のタイプ」を質問したとします。この場合、同じテーマ…つまり、「好きな女性のタイプ」についてはこれ以上質問しない方が良く、これも例を挙げると分かりやすいと思います。

 

女性「どんなタイプの女性が好き?」
男性「料理が得意な女性が好きだよ」
女性「レパートリーの多さも気にする?」
男性「それは特に考えたことはないけど、とにかく料理が得意なら」
女性「料理が得意なら、レパートリーが少なくてもいいって感じ?」

 

こうなってしまうと、男性が思うのは「しつこい」の一言。女性の質問に対して男性は「料理が得意な女性が好き」と回答しましたが、さらにそのことを追求する質問の連続…1つのテーマで終わりの見えない質問攻めは、最もやってはいけないパターンです。

(2) 質問する時にプラス一言を忘れない 

例えば、次のLINEのやりとりに注目してください。

 

女性「休みの日って何してるの?私はインドアだから、部屋の模様替えしたりしてるかなぁ」
男性「俺は買い物かな。独身だから結構お金を使っちゃうんだよね」
女性「私も結構お金使っちゃう時あるよ。そう言えばお酒は飲む?私、休みの夜は絶対飲んでる」

 

このやりとりに注目すると、女性は立て続けに質問していますが、プラス一言の話題も付け加えているので質問攻めの感覚がなく、男性も気にならないでしょう。一方、「休みの日は何してるの?」、「お酒は飲むの?」と質問だけ送ってしまうと、あからさまな質問攻めになって男性がウンザリしてしまうのです。


男性が嫌がらないLINEテクニックをまとめると、まずLINEに込められた男性のサインに気づけるようにしましょう。LINEを終えたい時、話題を変えたい時、このような場合において男性はサインを送ります。このため、女性がそのサインに気づけるか気づけないかで印象は大きく変わります。

また、男性が嫌がる質問攻めについでですが、どうしても質問を続けたい時には「同じテーマの質問を続けない」、「質問プラス一言」を心掛けてください。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。