大人女子のためのWebメディア
検索

セックス依存症に陥りやすい女性の特徴

性に溺れる危険!セックス依存症に陥りやすい女性の特徴

セックス依存症…あなたもその言葉は聞いたことがあると思います。意味を知らなければ、それは一見セックスが大好きな淫らな人間を連想するでしょうが、実際にはもっと深刻かつ複雑な問題であり、重症化すれば自分を追い込むことになってしまいます。

最も、治療となるとそれは専門医の見解が必要になるため、ここでお伝えできるものではありません。ただ、セックス依存症に陥ってしまう女性の特徴には共通点があり、それを知っておくことで自身が陥る事態を防げます。

セックス依存症になることへの問題点

性に溺れる危険!セックス依存症に陥りやすい女性の特徴

単純に解釈してしまえば、セックス依存症になってしまえばセックスを我慢できなくなると考えがちです。だとすれば、セックスできる環境なら全く問題ないように思えるかもしれません。しかし、実際にはそんな単純なものではなく、セックス依存症はあなたに深刻な問題をもたらします。そして、起こる問題次第では事故…それどころか事件に発展してしまう可能性もゼロではないのです。

(1) 社会的信用を失う 

愛情確認を求めるがゆえにセックスを望む…、それが彼氏や夫に対してならまだ良いのですが、セックス依存症になってしまうと倫理的な感覚がマヒします。愛されることを実感するセックスしたい気持ちは、周囲にも向けられてしまい、いわゆる不特定多数との性生活を招くことになるでしょう。

その時、相手の環境や年齢次第では不倫や性犯罪に該当してしまい、罪を犯せば社会的信用を一瞬で失います。

(2) 犯罪に巻き込まれる恐れ 

出会い系に関する事件は、ここでお伝えしきれないくらい数多く起こっています。そしてセックス依存症になってしまえば、そのような事件に巻き込まれる恐れもあるのです。

セックスを求める余り判断力が欠如すれば、警戒することなく不特定多数の男性と会ってしまうでしょう。多くの見知らぬ男性と出会えば出会うほど、犯罪に巻き込まれる危険性は高くなり、いつかは危険な男性と出会ってしまうかもしれません。

セックス依存症に陥りやすい女性

性に溺れる危険!セックス依存症に陥りやすい女性の特徴

女性は誰しも、自分自身に何らかのコンプレックスを抱えています。そのコンプレックスは、愛情において不安とも言い換えられ、コンプレックスがあるからこそ「私は愛されないかもしれない」と不安になります。

そのような状況で素敵な男性と出会い、恋愛できたら女性の不安は解消されて安心するでしょう。それは女性として当然の感情ですが、不安やコンプレックスが過度なものになるとセックス依存症に陥りやすくなってしまいます。

(1) 孤独を感じている女性 

そもそも愛されるとはどういうことか?…それは抱きしめられることだけではありません。しかし、愛情不足のまま成長した女性は愛されることが分からず、孤独と不安を感じます。

そんな孤独と不安を解消させてくれるのが、セックスであり、愛される実感によって不安が解消。そして、抱える孤独と不安を常に解消したい気持ちがセックスを求め、セックス依存症に陥ってしまうのです。

(2) 劣等感を持っている女性 

劣等感を持っている女性は、愛してくれる男性を神様のように感じます。何しろ自分に全く自信がないわけですから、愛情を示してくれた男性に対して「私を選んでくれた」と強く思うのです。

この場合、特に浮気や不倫の恋に陥りやすく、なぜなら自分を男性の彼女や妻と比較できるから。比較した結果、男性は彼女や妻よりも自分を選んでくれたことで劣等感を解消でき、愛される実感を得られるセックスを繰り返し求めてしまうのです。

 

女性のセックス依存症は軽視する意見も多く、特に男性からは淫乱などと揶揄されることもあるでしょう。ですから、女性もセックス依存症の気を自覚しつつも周囲に相談できず、結果重症化するケースが稀ではありません。

ただ本格的に治療するとなると、このようなインターネット上でのアドバイスでは不可能。専門医による治療が必要とされており、問題点も含めると「セックスすればいい」の一言で解決できる症状ではないのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。