大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 大人だからこそ進展しにくい?大人の両片思いのあるある行動
2020年10月13日更新

大人だからこそ進展しにくい?大人の両片思いのあるある行動

大人だからこそ進展しにくい?大人の両片思いのあるある行動

社会人になると、お互いに心が惹かれ合っていても、気軽に告白ができなくなるものです。お互いが相手のことを思っているのに、恋に発展しないことは珍しくはありません。ここでは、大人の両片思いにあるあるな行動を3つご紹介します。

2人で一緒にいる時間が自然と長くなる

お互いが惹かれ合う2人の場合には、自然と一緒にいる時間が長くなるものです。お互いが相手のことを思っているからこそ、2人っきりで過ごせるように予定を組んでいるのです。

遊びに出かけるときも、大人数で出かけるより、2人で行くほうが良いと考えます。休みの日の予定を聞いて、遊びに行くことになっても、他のメンバーを誘おうとしないのは、両者が2人で過ごしたいと感じていることの現れです。

両片思いの2人が、一緒に過ごす時間を持つことは、先に進む絶好の機会でもあります。お互いの趣味に合ったシチュエーションであれば、2人の関係が恋に発展する可能性も十分有り得るでしょう。

ヤキモチを焼いてしまう

両片思いの2人にある行動に、お互いが違う異性と話しているとヤキモチを焼いてしまうことがあります。相手が異性と楽しそうに話していなくても、心のなかでモヤモヤした感じを抱いてしまうのは、恋煩い特有の症状です。

自分が男性と話しているときに、意中の彼が気になる素振りをしているのであれば、両片思いである可能性が高いのでしょう。意中の彼の反応を覗い、自分を意識していることが判断できた場合には、次第に距離を縮めていくのも良いでしょう。

視線が合ったり体が触れ合う機会が増える

両片思いの2人によく見られる傾向に、お互いの目が合ったり、体が触れ合う機会が多くなることがあります。

同じ職場の男性に気持ちがある場合には、仕事中に自然と彼のことを目で追いかけてしまうものです。自分では意識していなくても、惹かれる心があれば、気になって無意識のうちに、意中の彼のことを目で追いかけてしまうのです。相手の男性も同じ思いの場合には、当然のように目が合う機会も増えていきます。

視線が合うのと同様に、お互いのボディタッチの回数が増えるのも、両片思いにある傾向です。自分が彼の体に触れたり、彼が自分へのボディタッチをする機会が頻繁にあるのであれば、両片思いの可能性は高いでしょう。

両片思いの2人は自然と行動に現れる

大人になると学生時代のように気軽に告白できなくなるものです。相手と自分の気持ちが同じであるかを確かめるには、行動から判断するのが良いでしょう。

視線が合う機会が多かったり、彼がヤキモチを焼いたりする場合は、両片思いである可能性が高いものです。普段から、お互いが触れ合うのも、惹かれ合っている証拠ですよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 大人だからこそ進展しにくい?大人の両片思いのあるある行動
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。