大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 言い合いになる異性こそ好き?!好きな子と喧嘩してしまう男性心...

言い合いになる異性こそ好き?!好きな子と喧嘩してしまう男性心理3選

言い合いになる異性こそ好き?!好きな子と喧嘩してしまう男性心理3選

基本的に男性は、好きな女性とは仲良く話しをしたいと思うものですが、中には好きな女性と言い合いになってしまうことが多い男性もいます。ここでは、こうしたタイプの男性心理を3つ紹介します。

好きだからこそわざと冷たくしてしまう心理

好きな異性と言い合いになってしまう男性の心理として多いのが、好きな相手だからこそ、わざとキツく当たってしまうというものです。

男性の中には、好きな女性に対して愛情を素直に表すことができない人もいて、好きな女性であっても、嫌っているように振舞ってしまうことがあります。

相手の女性が好きであればあるほど、さらに相手と言い合いになってしまう男性もいて、好きな気持ちの裏返しが、相手へのきつい言葉になって表れているともいえます。

このような男性も、本当は好きな女性に対しては、優しく接したいと思っているので、相手が素直な気持ちになれるように、女性側から優しく接してあげることも効果的な方法です。

女性との会話を楽しみたい心理

好きな女性と、言い合いになることが多い男性の場合、会話を楽しみたいという気持ちが口論の理由になっている場合があります。

好きな女性とならば普通の会話でも十分に楽しいのですが、ありきたりな内容の会話ばかりだと、どうしても退屈になってしまうので、突っ込んだ内容の会話もしたくなるものです。

そのような場合、考え方の違いから言い合いになってしまうこともありえますが、男性にしてみれば、好きな女性と言い合いをするのも楽しく感じるのです。

言い合いと言っても、本気でののしり合っているのでなければ、ディベートとして楽しむことができ、会話が好きな男性には特に多い心理です。

好きな女性のことを知りたいと思う男性心理

好きな女性のことをもっとよく知りたいために、わざと女性と口論をしているタイプの男性もいます。

好きな女性と会話をすることで、相手の考え方や趣味を知ることができますが、会話の内容によっては相手のことが十分に理解できない場合があります。

相手の本音を引き出すために一番良い方法が、相手と言い合いをしてみることです。わざと好きな女性と言い合いをすることにより、普段はわからないような相手の一面を見つけようとするのが、こうしたタイプの男性の心理です。

 

好きな女性なのに、言い合いをしてしまう男性の心理にはさまざまなパターンがあります。相手のことが好きだから、わざと冷たくしてしまうような心理もこうしたタイプの男性によく見られるものです。

好きな女性と会話を楽しみたいからわざと口論をしたがる男性もいて、相手のことを知るために口論をしたがる男性もいるのです。喧嘩に発展する前に見極めていきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 言い合いになる異性こそ好き?!好きな子と喧嘩してしまう男性心...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。