大人女子のためのWebメディア
検索
2020年09月11日更新

20代と何が違う?30代から変わる恋愛の仕方

20代と何が違う?30代から変わる恋愛の仕方

30代になってから、20代の頃と同じような感覚で恋愛をしていたら、違和感を感じてしまった女性も多いのではないでしょうか。30代には、30代なりのアプローチやお付き合いのやり方があるのです。今回は、30代から変わる恋愛の仕方を紹介します。

理想のタイプをクリアにしたうえで男性と出会う

「30代になってから恋愛のチャンスが少なくなった…」と愚痴る女性がいる一方で、30代になっても簡単に両想いを叶えている女性がいます。この違いは何なのでしょうか。

それは、理想の男性像がクリアになっているかどうかです。20代の頃は「何だかステキ!」や「何となくカッコいい!」といった程度のトキメキでも、恋愛に発展することがあったかもしれません。しかし30代になると「もう失敗は許されない…」という思いが頭の中をよぎり、多少のトキメキでは恋愛に発展させるための行動を起こさなくなってしまう傾向があるのです。

 

そこで、理想の男性像をクリアにしておくことが重要になります。タイプの男性が明確になっているからこそ、ちょっとのトキメキを感じたときでも、それがチャンスだと気づいてアプローチにつなげることができるのです。20代の頃のような何となくの感覚で男性と出会っていては、チャンスがめぐってきたとしても、それをみすみす逃す残念な結果になってしまうかもしれませんよ。

感情に任せて男性に怒りをぶつけることをやめる

20代の恋愛では、感情的になって男性に怒りをぶつけたとしても、すぐに仲直りをして結果的には良好な関係につながることがあったかもしれません。

しかし大人の女性というのは、男性に怒りをぶつける前にまずは自身の言動を再確認します。30代になると一人前の社会人としてまわりの空気を読み、自身の言動に責任を持って感情をコントロールしなければならない状況が多くなるからです。

つまり、たとえ男性側に非があったとしても感情的になって怒りを爆発させることは、決して賢い振る舞いとはいえません。男性からは“感情をコントロールできない、幼稚な女性”だと思われてしまうでしょう。30代の恋愛では、冷静な態度が求められるのです。

標準的なマナーを身につける

デート中に、マナーがなっていない振る舞いをしてしまったとします。20代の頃は「まだ若いからしょうがないか…」と笑って済まされていたかもしれませんが、30代になると「この年になってこんなことも知らないのか…」という印象を与えてしまいます。

メイクやファションを研究するのと並行して、標準的なマナーも勉強するようにしましょう。

たとえば「洋食レストランでの食事中は、バッグをどこに置くのが適切か?」などです。“マナー”というワードからは堅苦しい印象を受けるかもしれませんが、それは30代の女性が恋愛をするにあたって必要不可欠なものだといえます。

大人の恋愛にシフトしていこう

仕事では、年代に合わせて働き方を変えなければならないのと同様に、恋愛においても年を重ねるにつれて、やり方を変えていかなければなりません。20代の頃の成功体験に、いつまでもしがみついていてはいけませんよ。

「いい男がいないのよ~」とボヤきながら40代を迎えないために、30代ならではの恋愛の仕方をマスターしましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。