大人女子のためのWebメディア
検索
2020年12月15日更新

結婚に前向きじゃない男性に結婚を決意させる方法とは

これはやられた…?!結婚に前向きじゃない男性に結婚を決意させる方法

真剣に交際している相手とは、将来は結婚を意識することは多いですが、男性側が結婚に前向きでない場合もありますよね。

そんな男性に結婚を決意させるには、どうすればいいのでしょうか。

男性が結婚する気になる条件「仕事とお金」

年齢や社会的立場などが違っていても、交際をすることになったのは「二人で一緒にいたい」というシンプルな気持ちがあったからでしょう。お互いに付き合ううちに結婚を意識するようになれば良いのですが、そうとは限りません。

特に男性は仕事に自信が持てないと、どんなに好きな女性であっても結婚を進めることはありません。今は共働きが主流であるとはいえ、男性の中にはまだまだ「妻と子供を養わなくては」という固定概念がある人が多いです。

 

ある程度は貯金がたまり、仕事が安定しないと男性は結婚に踏み出せないのです。彼氏に結婚を決意させるにはまずは彼氏の仕事が落ち着くまで待つ必要があるということは覚えておきましょう。

彼の仕事がすでに安定して多少の貯金もある状況でないと、そもそも彼氏が結婚を決意するのは難しいかもしれません。

彼氏に二人の未来をイメージしてもらう

男性に結婚を決意させるには、二人の未来を彼がイメージできることが非常に大切になってきます。

そのため、彼女としては彼に結婚後の二人の生活をイメージさせる必要があります。この結婚後の二人の生活を、男性がどこまで現実的に、良い印象で考えられるかが結婚を決意させられるかの分かれ道になります。

いくら「一緒に暮らしたら」「将来は二人で…」という言葉を口にしても、男性はボンヤリとしたイメージしか抱かないので、口では「そうだね」と同意していても、実は結婚までは意識していないのです。

実際に部屋を一緒に掃除する、料理を一緒に作るなどあえて家事の作業を一緒にすることでも、結婚生活を少しずつ意識させることができます。

お金や将来設計の意識をすり合わせる

結婚生活において家計を回すための収入をどうするか、どのようにお金を使うかということはとても重要なことです。

まずは二人で金銭感覚をすり合わせ、お金を共同で使うことをしてみましょう。二人で貯金をして旅行に行く、二人でお金を出し合って食材を買うというようなことでもいいでしょう。

 

また、男性は自分の収入のこともふまえて、結婚したら妻が一緒に働く共働きでやっていくのか、専業主婦で自分が扶養するのか「将来は妻にこうして欲しい」とイメージを持っていることが多いです。

そこで、彼に自分の仕事の話や相談をしてみましょう。今どんな仕事をしているのか、将来仕事をどうしていきたいと考えているのかを伝えることで、男性は「彼女と結婚したら…」という将来を具体的に考えやすくなります。

ただし、この時注意したいのが「仕事をやめたい」といった相談はしないこと。「結婚に逃げている」と思われたり、彼女を養わなければいけなくなるのかとプレッシャーを感じ、反対に結婚はまだしたくないと強く思ってしまうことがあります。

 

彼が結婚を意識するタイミングで結婚したい意志をつたえる

男性は周囲から影響をうけて結婚を考え始める場合もあります。

彼が友達や同僚の結婚式などに参加した時に結婚を意識したり、彼の周囲の既婚の友達がが結婚をプッシュしてくれることもあります。

彼氏の周りで結婚を意識させるような出来事が起こったら、そのタイミングで自分も彼と結婚したいと思っているという意志を伝えるといいでしょう。

 


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。