大人女子のためのWebメディア
検索
2020年09月14日更新

結婚に前向きじゃない男性に結婚を決意させた彼女の行動

これはやられた!結婚に前向きじゃない男性に結婚を決意させた彼女の行動

真剣に交際している相手との将来の形として結婚を意識することは多いですが、男性側が結婚に前向きでない場合もありますよね。そんなとき、男性に結婚を決意させるには、どんな行動が効果的なのでしょうか。

結婚に向かう前の悩み

交際している二人は、年齢や社会的立場などが違っていても、きっと始まりは「二人でずっと一緒にいたい」というシンプルな気持ちからきていますよね。

そんな気持ちから二人で過ごすうちに、お互いが自然と結婚を意識できればよいのですが、そうとは限りません。仕事に打ち込んでいて忙しかったり、取り巻く環境や人間関係の影響であったりと、お付き合いの状態から一歩踏み出すことが難しいということも多いでしょう。

女性の場合は、結婚や出産を見据え、ライフスタイルを考えていく機会もありますが、男性はあまり自分のこととして意識しないという人もいます。彼女の側ばかりが、結婚や将来について考え、焦り、やきもきしてしまうというのは、あるあるな悩みともいえます。

まずは二人の未来のイメージを

そんなときは、やはり二人の未来を彼、彼女が一緒にイメージできるよう、気持ちのすり合せをしていくことが大切です。

もしかしたら、未来の話を具体的にすることは勇気がいることかもしれません。しかし、結婚という長い現実生活を共にしていくならば、ここを乗り越えなくては始まりません。

誠実に二人の未来に向き合う姿勢があれば、改まった形でも、さりげない形でもよいでしょう。「彼女は二人の未来をこんなふうにイメージしているんだな」と彼に意識してもらうことから始めましょう。

ゆっくり外堀をうめてみよう

昔から、結婚は家と家との結びつきであると言われていました。現代では必ずしもそうでないとはいえ、やはり結婚となると二人の問題だけでなく、自分の親や兄弟なども巻き込んだつながりとなっていきます。恋愛や結婚においては、外堀を埋めろとはよく言ったもので、彼女の親や兄弟と会うと「家」としてのつながりが目の前に見えてきます。

一般的に男性は社会性が強いものなので、結婚にあまり前向きでなかった彼も覚悟ができてくる場合が多いです。

 

これまで一度も、自分の親に彼を紹介していなかった場合や、また紹介済みであっても将来の話をしていなかった場合などは、一度機会を設けてお互いの親に、二人で将来を考えていることを伝えてみてはどうでしょうか。

しかし、外堀を埋めるというのは、とらえ方によっては逃げ場がなくなり追いつめられるという印象にもなってしまいます。あくまで、彼の気持ちにも配慮しつつ、穏やかに進めていくことが大切かもしれません。

 

結婚は、二人で選択し歩んでいくものですよね。結婚したその先の未来を、具体的に二人でイメージできること、お互いの気持ちを理解し思いやれることが、第一歩となるのではないでしょうか。

二人の気持ちが同じ方向に向いているのなら、周囲にも祝福してもらえるよう、徐々に準備していきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。