大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 幸せなはずなのに…結婚前に起こりやすいマリッジブルーの原因と...
2020年12月15日更新

幸せなはずなのに…結婚前に起こりやすいマリッジブルーの原因と対処方法

幸せなはずなのに…。結婚前に起こりやすいマリッジブルーの原因と対処方法結婚が決まれば毎日幸せな気持ちでいっぱいになるはず!と思っている女性は多いですよね。

しかし、彼からプロポーズを受けて結婚に現実味が出てくると、なぜかイライラしたり暗い気持ちになってしまって、彼との結婚を考え直した方がいいのではないかと思ってしまうことがあります。これこそ、俗に言うマリッジブルーの症状です。

結婚前に陥りやすいマリッジブルーは、自分でもわからない不安やストレスで、彼に当たってしまうことも多くなります。その結果、婚約破棄となってしまうケースも…。

マリッジブルーは自分が想像していた「幸せいっぱい」という気持ちとは真逆の気持ちが出てくるため、余計にパニックになってしまうのです。

しかし。マリッジブルーになる原因さえわかっていれば、適切な対処法で気持ちを鎮められるようになります。まだ結婚が決まっていなくても、マリッジブルーについて把握しておきましょう!

マリッジブルーの原因3選

幸せなはずなのに…。結婚前に起こりやすいマリッジブルーの原因と対処方法

まずはマリッジブルーになってしまう、その原因について見ていきましょう。

(1) 環境が変わることの不安 

結婚をすれば、結婚相手である彼と二人で暮らすようになるため、今までの生活とはガラッと環境が変わります。

結婚すると、これまでの自由きままな一人暮らしや、家族との実家での暮らしから、彼と一緒に住む共同生活に変わります。

すでに同棲をしていた場合であっても、これからは新たに彼の家族や親戚とも関わりを持つことになります。

そんな結婚の現実を前にして、自分の家族との別れを強く感じたり、これからは新しい家庭で頑張らないといけないという気持ちがプレッシャーになって、気が滅入ってしまうのです。

(2) 新しい生活に不安を感じてしまう 

環境が変わる時、新しい環境や新しい生活には常に期待と不安が入り混じるものです。

結婚も同じで、これから彼と自分二人で家庭を築いて生活していけるのかという不安が、マリッジブルーの原因になってしまうことがあります。

この場合、結婚生活を考えれば考えるほど不安に陥ってしまうため、新居の準備や、式や新婚旅行の準備が進む度にナイーブになってしまいます。本来はどれも楽しい気分になれるはずの準備なのですが、新しい家庭を持つことへの不安がマリッジブルーの原因になってしまうのです。

(3) 彼との価値観の違いに悩まされる 

どんなに長く付き合っていたとしても、相手をすべてわかることはありませんよね。もちろんそれは何に対して共感するのかというのも同じで、いくら好きな相手であっても価値観がぴったりと同じになることはありえません。

しかし、彼と結婚に向けて話したり準備をするうちに、お互いに色々なことで意見がくい違うことも出てきます。

いつもより決めることも多くなるので、価値観の違いで衝突が増えるのは仕方がないことでもあるのですが、結婚を直前にして、「こんなに喧嘩もして、彼とこのまま結婚していいのかな…」と悩んでマリッジブルーに陥りやすくなってしまいます。

マリッジブルーの対処法3選

幸せなはずなのに…。結婚前に起こりやすいマリッジブルーの原因と対処方法

幸せになるために結婚をするのに、マリッジブルーの状態から抜け出せないと、新婚早々問題は山積みになってしまいます。

正しい対処をすればマリッジブルーからはすぐに抜け出すことが可能です。特に、少しでもマリッジブルーかもしれない…と感じた時は、すぐに対処方法を試してみましょう。

(1) 彼の良い部分を思い出す 

結婚すると「今までとは関係が変わる」と、肩の力が入りすぎてしまう人もいるかもしれません。妻と言う肩書きになり、お互いの家族や親戚なども関わってくるので、そのプレッシャーは大きいですよね。しかし、本来結婚する目的は「いい妻」になることではなく、大好きな彼と一緒にいることのはず。

結婚することで増える責任や不安でマリッジブルーになってしまったら、一度初心に戻って彼を好きになったきっかけや、好きな部分を思い返してみましょう。

彼を好きな気持ちを思い出せば、「彼とだったら大丈夫」と結婚に向けて自然に前向きな気持ちが蘇ってくるはずですよ。

(2) 友達や家族に相談してみる 

マリッジブルーに陥ったと感じたら、安心して話すことのできる友人や家族に相談してみましょう。

一人で悩んでしまうことも、マリッジブルーがひどくなってしまう原因の一つです。自分の気持ちを整理するためにも、信頼できる他の人にも話して意見を聞いてみましょう。

実はマリッジブルーになってしまい、同じような経験をしたことがある人は意外に多いのです。「それ、結構あるあるだよ」「私も同じことを悩んだけど大丈夫だったよ」と周りから言われると、安心して気分が落ち着きやすくなります。

(3) 独身の間にやりたいことをやってみる 

自分がマリッジブルーになっていると感じた時は、いったん独身の間にやりたいことをリストに書き出して、そのリストにあることを実際にやってみるのもおすすめです。

マリッジブルーは「こんな気分になったらいけないのに…」と結婚のことばかり考えてしまうので、一度その状況から離れてみましょう。

また、実際にリストにしてみると独身時代にやりたいと考えていたことのほとんどは、実は結婚してからも続けられることが多いことにも気が付くはずです。

マリッジブルーを感じたら周りに相談を

結婚が決まると、結婚式の準備や新生活の準備など行わなければならない手続きもたくさんあります。そのような準備に追われていると、自分の気持ちが追い詰められてしまいます。

多くのストレスもある状況で、マリッジブルーに陥ってしまうとそこからなかなか抜け出せなくなってしまうこともあります。

結婚準備中に不安を感じたら、彼や家族、友人にもその気持ちを話してみましょう。特に既婚者の友人であれば、気持ちが楽になるような意見を聞かせてくれることもあります。

皆に笑顔で結婚式や結婚生活を伝えるためにも、マリッジブルーの対処法を心得ておきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 幸せなはずなのに…結婚前に起こりやすいマリッジブルーの原因と...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。