大人女子のためのWebメディア
検索
2020年11月08日更新

男性を焦らすことで起こる恋のメリット・デメリット

男性を焦らすことで起こる恋のメリット・デメリット

恋の駆け引きには、相手を焦らすテクニックが恋を落とす決め手になることも少なくありませんが、これにはデメリットも存在します。今回は代表的な焦らしテクの紹介や、それによるメリットやデメリットの解説をしていきます。

代表的な焦らしテク

焦らしテクには様々な物がありますが、代表的なものだと相手からの誘いを少し悩んだり答えを保留させて焦らす方法や、何かと理由を付けて会う日を減らして焦らす方法などが挙げられます。

相手からの誘いを一度断ったり時間を置くことで相手を効果的に焦らすことが出来るので、中には無意識にこれらをやっている女性もいるようです。これらのテクに共通しているのは相手を待たせるという事です。

待たせることで男性の中での気持ちや感情の変化を起こし、それによって今まで以上に女性に夢中になるという方法論なのですが、当然これは相手によって反応が変わることもあり、メリットと共にリスクも存在します。以下ではそれについてそれぞれ挙げていきましょう。

焦らしテクのメリット

焦らしテクを行う際の一番のメリットは、男性から見た場合のあなたの価値を高めることにあります。男性は誘いを掛けたのにすぐに返事がもらえなかったり、一度断られると「なかなか手に入らない価値の高い人」として相手を認識します。もし一度断られたり返事を渋られてもまたアタックしたくなるくらいに価値を感じているならなおさらです。

なので何度もアタックして焦らされたあとでOKをもらうと、得難いものが手に入った達成感と、手放したくない惜しさがあり、必死になって女性に尽くすようになるのです。焦らしテクを効果的に使えれば男性に大事にされる女性になれるでしょう。

焦らしテクのデメリット

焦らしテクを使う上で注意したいのが、焦らしすぎて相手を諦めさせてしまったり、焦らしを好まない男性相手に焦らしをやってしまうことです。例えば1度断られてもまた誘ってきた相手に対して、もっと焦らしの効果を上げようとして2度3度と断り続けてしまうと、相手の男性は「あの人はダメなんだ」と諦めてしまう危険性があります。

また焦らしはあくまでも相手がこちらに対して比較的高い価値を感じている時にのみ成立するテクニックです。もし相手の社会的地位やスペックが高く、選ぶ側の相手であった場合、一度でも焦らしてしまうとその時点で興味を失われてしまうこともあるでしょう。焦らしテクを使うのには相手を選んだり、やりすぎたりしないさじ加減が求められるのです。

焦らしテクは加減が難しいテクニック

焦らしテクはうまく使えば男性に大事にされる女性になることができますが、さじ加減を間違えてしまうとただただ相手が離れていくだけの諸刃の刃です。自分と相手の関係性や、相手からの好意の強さなどをよく見計らい、あくまでもエッセンス程度の焦らしに抑えておくことが重要です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。