大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 先にエッチしてあとから付き合う人を精神分析すると【ひとみしょ...
2020年10月19日更新

先にエッチしてあとから付き合う人を精神分析すると【ひとみしょうの余談ですみません】

先にエッチしてあとから付き合う人を精神分析すると

先にエッチして、あとから「付き合う?付き合おっか!」となる人は、自分の人生に絶望している人です。言い方を換えると、誰といても、なにをやっていても、なんとなく淋しいと感じる人です。

その「なんとなく淋しい気持ち」は、「わたしは絶対に先にエッチしない」と心に誓っても、消え去ってくれません。だからまた、先にエッチしちゃって、あとから後悔することになります。

そんな「悪瞬間」を断ち切る方法も含め、以下に具体的にお話しましょう。

なんとなく毎日が充実していないように感じる人

なんとなく毎日が充実していないように感じる人や、誰と一緒にいてもどことなく心が満たされる感じがしない人は、つねに「なんとなく淋しい」気持ちを抱えています。つねに、というのは、24時間365日ずっと、ということです。

だから、誰か適当と思えるセックスの相手がいたら、パンツを脱ぎます。

 

なぜなら、誰かと物理的につながっている間は、その「なんとなく淋しい」感覚を忘れることができるからです。また、出会い頭にセックスすると、相手はあなたのことを「かわいい」とか「すっごいいい女」などとほめそやしてくれることがありますね。そのことによって「今の自分とは別の自分=自分が理想としている自分」に近づけそうな(生まれ変われそうな)感覚(錯覚)を抱けるから、だからあなたはパンツを脱ぎます。

 

でも実際には、なんとなく淋しいからという理由でセックスしても、なんとなく淋しい気持ちは消え去ってくれませんね。それはなぜでしょうか。

セックスしてもしても、心が満たされない理由とは

先にエッチしてあとから付き合う人を精神分析すると

なんとなく淋しいからという理由でセックスしても、なんとなく淋しい気持ちは消え去ってくれない理由、それは「過去のある1点に心が縛られているから」です。

自分で、自分の心を、過去に縛りつけているから、人はなんとなく淋しいと感じるのです。

セックスの相手がいないからなんとなく淋しいのではなく、自分で、自分の心を、過去に縛りつけているから、人はなんとなく淋しいと感じるのです。

仕事にやりがいを感じないからなんとなく淋しいのではなく、自分で、自分の心を、過去に縛りつけているから、人はなんとなく淋しいと感じるのです。

だから、セックスしてもしても、心が満たされないのです。

 

だから、先にセックスしてそのあと猛省しても、1週間も経てば、またセックスして後悔して……というのが続き、結局、自己嫌悪に陥り「どうせわたしはヤリ●ンだし」などと開き直らざるをえないのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 先にエッチしてあとから付き合う人を精神分析すると【ひとみしょ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。