大人女子のためのWebメディア
検索
2020年11月09日更新

当てはまってない?倦怠期になりやすいカップルの特徴

じわじわ変化してる?倦怠期になりそうなカップルの特徴

恋人がいる人の中には倦怠期で悩んでいる人もいるのではないでしょうか。カップルには倦怠期になるタイプと倦怠期のないタイプがあります。今回は倦怠期になりやすいカップルの特徴について紹介していきます。

情熱的な恋から始まるカップル

運命的な出会いから情熱的な恋に発展するパターンもあるでしょう。情熱的な恋から始まっているカップルは、その情熱が長続きしないパターンが多いです。特に燃え上がるような気持ちのまま付き合い始めると、時間がたつにつれて熱が冷めることが多いと言えます。熱が冷め始めると、そのまま倦怠期に入ってしまう可能性が高いでしょう。

このタイプは熱しやすく冷めやすいため、次も同じような形で恋愛をして倦怠期に入るケースが考えられます。倦怠期を避けたいのであれば、付き合う前に一度冷静になることが重要だと言えます。

お互いに遠慮しているカップル

お互いに遠慮しやすいカップルもいるでしょう。相手のことを気遣いながら行動しているように見えるので、良い関係を築けていると思うかもしれません。しかし、このタイプはお互いに遠慮してしまうことでストレスを抱えている傾向が強いです。

そのストレスを上手く発散できないままでいると、恋人と一緒にいる時間が苦痛になる可能性も高いでしょう。お互いに苦痛を感じている可能性があるので、倦怠期に入ると一緒に過ごす時間が減ることも珍しくありません。

不穏な空気が流れると、そのまま別れ話に繋がるパターンも考えられます。そのような状況を作り出さないためにも、お互いに遠慮しないような関係を築くのが重要になります。

自己主張が激しいカップル

自己主張の激しいカップルは、自分の意見をはっきり言うだけでなく自分の指示通りに動いてほしいという気持ちが強いパターンが多いです。

お互いに自己主張が激しいタイプだと意見の衝突が多くなり、険悪なムードが漂います。その場で仲直りできれば良いですが、険悪なムードを引きずってしまうカップルは倦怠期になりやすいと言えます。険悪なムードが続くと、そのうち相手と衝突することに疲れてしまうケースも珍しくありません。

もうケンカはしたくないからという理由で恋人と会う時間を減らしてしまう可能性も高いでしょう。そうなると別れに繋がることも考えられます。相手の意見を尊重する気持ちを持つことが重要です。

良い関係を築ければ倦怠期は回避できる

倦怠期に陥りやすいのは、カップルの関係が良好ではないからです。自己主張が激しい人や遠慮してしまう人は、その行動がカップルの関係を悪化させていることに気付くことが大切です。自分の恋人への向き合い方が変わるだけで倦怠期を回避できる可能性は高くなります。長く付き合うための工夫を怠らないのが重要です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。