大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 言葉より態度で!「彼を頼りにしている」ことが伝わる行動とは
2020年10月16日更新

言葉より態度で!「彼を頼りにしている」ことが伝わる行動とは

言葉より態度で!「彼を頼りにしている」ことが伝わる行動とは

基本的に男性は女性から頼りにされることで、気持ちが満たされる生き物。そして、女性は好きな男性であれば心のよりどころとしている人も多いですよね。しかし、そんな女性の男性を頼りにしている気持ちが相手に伝わっているかというと…必ずしも確実ではありません。

また、彼に頼りにしていることで愛情を伝えるためには、意外と直接的な言葉よりも態度で示した方が伝わる場合もあります。今回は、態度で男性に頼りにしていることを伝える行動を紹介します。

積極的にスキンシップをとる

男性の中で「頼りにされている」という感覚と、愛情を向けられている感覚は繋がっています。女性も同じで、好意的な人にしか頼りたいとは思えませんよね。なぜなら自分の身をゆだねるという行為は、信頼できない人にしかできないものだからです。そのため、頼りにしていることをスキンシップで彼に伝えるのもひとつの方法。

 

例えば、人混みでは手を繋いだり、彼の服の裾を掴んだりして、「あなたについてきます」アピールをしてみたり。お家デートでは彼の肩に頭を乗せてもたれかかったりと、甘えているようなスキンシップをとってみましょう。

女性からのスキンシップは、男性が「信頼されている=頼りにされている」と感じやすくなるので、彼女に対して「俺が守ってあげなきゃ…!」といった愛情がより湧くようになります。

人前でも体の距離を近くする

人前ではいくら近しい関係であっても、ある程度の距離をとるのが一般的ですよね。しかし、そのような場面でもあえて体の距離を近づけてみたりすると、男性を頼りにしているといった気持ちが伝わります。

特に初めて行った場所や、初めて会う人がいる場合などはより効果が高くなります。不慣れな状況下で男性とパーソナルスペースを近づけることは、相手に守ってほしい、頼りにしているといった意思を自然に伝え、かつ相手にも伝わりやすい方法です。

 

よく子供が初対面の人と対峙した時に親の陰に隠れるのと一緒で、男性の庇護欲を刺激することになります。すでに大人なので、物分かりよく控えめな態度をとることも大事ですが、その中でも他人にはわかりにくいけれど、相手にはわかるこの行動で、彼に愛情を伝えてみましょう。

困った時は相談する

頼りにしていると相手に一番わかりやすいのが、困った時に男性に相談することです。軽い悩みを相談するのはもちろん、簡単なことであれば頼みごとをしてみるのも○。この時は、あまり大きな問題は相談しないで、男性が解決できるくらいの悩みにするのがポイントです。

 

深刻な悩みは、相談した時点で「頼りにされている」とすぐに伝わりますが、いざその問題が解決できなかった時、「俺は頼りにならない…」と男性は自信を失って、その女性から離れていく可能性もあるからです。

また悩みを解決してもらった時にはしっかりと感謝を伝えることで、男性は頼りにされている気持ちと愛情に自信を持つことができます。

 

男性は頼られることで、自分に自信を持ったり、女性との関係に信頼を持つようになります。そのため、女性から男性に頼りにしていることを行動を示すと、二人の関係はより良いものとなります。言葉で伝えるよりも実際の行動で示した方が男性の満足度は高くなるので、ぜひ試してみてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 言葉より態度で!「彼を頼りにしている」ことが伝わる行動とは
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。