大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 不倫夫のロミオ化って?不倫を問い詰める前に学びたいロミオ化現...
2021年03月25日更新

不倫夫のロミオ化って?不倫を問い詰める前に学びたいロミオ化現象とは

不倫夫のロミオ化って?不倫を問い詰める前に学びたいロミオ化現象とは

不倫夫がよく陥る変化として、ロミオ化現象があげられます。不倫をされた妻は夫を責めるのが普通ですが、すでにロミオ化している夫には逆効果になる可能性が…。

不倫を問い詰める前に、ロミオ化現象とは何なのかしっかりとチェックしておきましょう。

ロミオ化現象とは

一般的によく使われるロミオ化現象の意味は、主に別れた後などに復縁を迫るメールが届くものの、その内容が自己陶酔に満ちているケースなどを指します。

また、別の用法として「男性が障害のある不倫の恋に燃え上がり、自己陶酔に陥る」状態を指す言葉としても使われてもいます。

男性が一旦ロミオ化してしまうと、あらゆることを自分に都合よく捻じ曲げて解釈するようになってしまうため、こちらの言葉が全く届かなくなる厄介な面があります。

 

また不倫をしている最中は男性がロミオ化しやすい傾向があり、ロミオ化した夫が思い込みだけで暴走し、関係が修復不可能な状態に陥ることも珍しくありません。そのためロミオ化現象は、ロミオ化してから対処を考えるのではなく、ロミオ化することを未然に防ぐことが大切になってきます。

不倫を責めることでロミオ化が悪化する

夫に不倫をされた場合、夫の不義理を責めたくなるのは当然の反応です。

しかし、ここでストレートに夫を追い詰めてしまうと、夫の中で「禁じられた関係を持つ自分」というシチュエーションが盛り上がってしまい、いつしか悲劇のヒーロー気分で不倫の恋に熱中するようになってしまうかもしれません。

 

もちろんすべての男性が不倫を責めることでロミオ化するわけではありませんが、物語などに没頭して影響を受けやすい人や、他人やキャラクターへの憧れが普通の人より強い場合には、ロミオ化する危険性が高いため、対処に気をつける必要があるでしょう。

ロミオ化させないための対処方法

不倫している夫を、ロミオ化させずに不倫をやめさせる方法は気になるところですよね。不倫をしている疑いが出た時は、そのまま夫を責めたり疑った態度を表に出したりしてしまうと、妻が障害となることで男性がロミオ化し、障害のある不倫の恋に燃え上がってしまいます。

そのため、まずは不倫が怪しいと感じた時はあえて態度に出さないよう努めつつ、夫の手荷物などをチェックして不倫の証拠を確かめてみましょう。

 

不倫をしている証拠があった場合は保管したり写真にとって自分で持っておくようにします。ロミオ化は”決定打のない不倫を疑う口論”によって生じるため、最初から致命傷となる不倫のやり取りの証拠をつかんでおくのがポイントです。

証拠をつきつけて「不倫をやめるか、私と別れるか」という決断を迫れば、障害のある恋などと自己陶酔する間もなくなります。自分の現実を目の当たりにして、男性も真剣に話し合いをせざるを得なくなるでしょう。

不倫夫はロミオ化させないよう準備してから話し合おう

夫が不倫をしている気がした時、すぐに責めたり疑ったりしてしまうと、妻を障害として認知し、夫が不倫関係に酔ってロミオ化してしまう猶予を与えてしまいます。

そうならないためにも証拠集めを水面下で進め、一気に決断を迫る話し合いの場を作ることが大事。夫が不倫に燃え上がってロミオ化する暇を与えないよう、不倫を問い詰める時は証拠すべて出して、今後のことを話しあいましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 不倫夫のロミオ化って?不倫を問い詰める前に学びたいロミオ化現...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。