大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 別れのトリガーになる!カップルが喧嘩になる些細なネタTOP3

別れのトリガーになる!カップルが喧嘩になる些細なネタTOP3

別れのトリガーに!カップルが喧嘩になる些細なネタTOP3

好きな相手とは長く付き合っていきたいものですが、実際のところは些細な事が理由となって喧嘩してしまい、それが別れのトリガーとなったということも…。ここでは些細な喧嘩の理由を紹介します。

些細なことが理由で喧嘩して別れることは多い

恋人として長く一緒にいれば、相手との間に嫌な感情を抱くことも少なくはありません。そのようなことが積み重なり、些細な理由が原因となって喧嘩をして、ひいては別れてしまうカップルというのは多いです。

別れた後で、なぜと感じる人は、40パーセント近くいます。これは、本当に些細な理由が原因となっているわけではありません。積み重ねた我慢が爆発していることも多いので、些細な理由の喧嘩が別れまで発展しないように注意することが重要ですよ。

会話において否定的な言葉を使う

些細な喧嘩の理由のひとつは、会話や言動において否定的な言葉を使うというものです。相手に話を聞いてもらいたいときに、はじめから否定で入られてしまうと嫌な気持ちになりますよね。また、自分の好きなものを否定されたことがきっかけで喧嘩をしたという人も多いです。

日頃から不快な気分になるような言葉を使っていると、別れのトリガーとなりかねません。いつもと変わらず会話をしていても、些細な否定の言葉が日頃のうっぷんすべてを思い出させるきっかけとなって爆発するかもしれませんね。

不機嫌さや八つ当たり

何となく不機嫌ということはだれにでもあり得ます。しかし、不機嫌な人と同じ空間にいるということは、想像以上にストレスになってしまうものですよ。また、八つ当たりをされるということは、近しい相手だからこそできるものではありますが、やられた方の気分は悪いですよね。

相手が何となく不機嫌であることが頻繁に、あるいは長時間続いている、突然八つ当たりされてしまったなどは、それほどひどい対応をとられなかったとしても別れのトリガーとなります。

恋人としての決まりや約束を破った

恋人として過ごしていると、記念日やデートの約束をすることもありますよね。この約束をすっぽかされたり、おろそかにされたりすると、ひとつひとつは些細なことでも大きな喧嘩となって別れる原因となりかねません。

嫌なことは嫌と冷静に伝えよう

喧嘩の原因は様々ありますが、おおよそ共通しているのは、相手に対する配慮が欠けているということです。やられて嫌なことを気安い関係だからとやってしまうと、別れる原因になります。

些細な理由で喧嘩となったときには、感情的にならず嫌なことは嫌と冷静に伝えることが重要ですよ。喧嘩の後2人で反省会をすると、より親密な関係を築くことにつながるかもしれません。

喧嘩を避けて良い関係を

人は様々な理由で喧嘩をします。恋人同士でも些細な理由で喧嘩をして、別れへと発展することは往々にあるものです。否定的な言葉や八つ当たりなどといった相手への配慮の欠けた行動は別れの原因ともなるので注意が必要です。些細な理由で喧嘩別れをしないためにも、冷静に話し合うことを心掛けてください。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 別れのトリガーになる!カップルが喧嘩になる些細なネタTOP3
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。