大人女子のためのWebメディア
検索
2020年12月10日更新

結婚=幸せ?結婚不適合者チェックリスト

結婚が幸せとは限らない!結婚不適合者かわかるチェックリスト

結婚=幸せいうイメージを持ちつつも、自分は結婚に向いているのか、不安を感じる方もいるのではないでしょうか。実際はどうなのか、早速チェックリストを見ていきましょう。当てはまるものが1つでもあれば要注意です。

彼氏ができても、すぐ飽きてしまう

付き合ったばかりの頃は楽しくて仕方ないのに、2~3ヶ月もすると飽きてしまうという方はいませんか?このような場合、新しい刺激が欲しくなるケースが多いので、仮に結婚したとしても、結婚生活にすぐ飽きてしまう可能性が高くなります。

恋愛体質で、いろんな男性とお付き合いしたいという願望が強い人は、結婚に向いているとはいえません。

家事が面倒に感じる

結婚すると、家事の量が一気に増えます。独身の頃は面倒で食事を作らなかったり、その他の家事も後回しにしたりできても、結婚したらそうはいきません。自分のためではなく家族のために家事をする必要があるため、自分の都合でサボるということはなかなかできなくなります。

結婚当初は頑張れていても、家事への苦手意識を払拭できなければ、それが大きなストレスになります。

人のことよりも自分を優先したい

結婚は、いわば共同生活です。家族とはいえ、楽しい生活をおくるためには、協調性が求められます。子供のため、夫のために尽くしたいという気持ちを強く持てれば問題ありませんが、結婚しても自分の都合を優先したいという人は、それがきっかけで家族とギクシャクしてしまう可能性も。

今までの生活リズムを崩したくない、一人暮らしが楽しいと感じている人は、自分を優先したい気持ちが強い傾向にあります。結婚すると家に家族がいることも多く、一人で過ごせる時間も減ってくるので、一人の時間を大切にしたい場合も、それが難しくなってきます。独身の頃とはまったく違う生活に耐えられるか、ということをよく考えてみましょう。

家庭よりも仕事に力を入れたい

結婚後も、家庭と両立しながら仕事を続けている女性はたくさんいます。ですが、仕事への情熱が強すぎる場合は、仕事に集中するあまり家族とのコミュニケーションが上手くとれなくなってくることもあります。

結婚しても仕事に集中したいという思いを、パートナーもしっかり理解してくれていればいいのですが、夫婦の価値観にズレが生じていると、やがて大きな亀裂が入りかねないので注意が必要です。

努力次第で結婚不適合者を卒業できる

結婚願望が強いのに当てはまる項目があった方は、自信をなくしてしまったかもしれませんね。ですが人は、自分の弱点を知ることで、変われることもたくさんあります。もちろん、結婚がすべてではないので、このチェックリストを見て、自分にとって何が幸せなのか、考えるキッカケにしてみてください。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。