大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 不倫に憧れるのは間違い!イメージとは違う…その厳しい現実とは
2020年11月26日更新

不倫に憧れるのは間違い!イメージとは違う…その厳しい現実とは

不倫に憧れるのは間違い!イメージと現実の厳しい違いとは

禁断の恋、秘密を分かち合うなど、不倫の恋に対する表現はどこかロマンチックで、そのため不倫に憧れる女性も少なくありません。実際、不倫をテーマにしたドラマ・映画がヒットした事例もありますし、物語で涙した女性もいるでしょう。しかし、あくまでそれは物語だからこそ美しく描かれているだけ。現実で不倫してしまうと、待っているのは厳しい現実であることを覚えておきましょう。

1.  満足する恋愛ができない

「愛し合う男女が密会する」…その表現は魅力的かもしれませんが、現実的に考えた場合はどうでしょうか。

本来なら彼氏に会いたくなったら会えるものですが、不倫の恋ではそうはいかず、会いたくても会えない…それも男性の家庭が理由で会えないのです。好きな男性には妻がいて、そのせいで会いたい時に会えないことを我慢して受け入れられるでしょうか。

また、不倫で満足する恋愛ができない理由はそれだけではありません。

(1) ドタキャンが多い 

不倫のデートは堂々と楽しめないという問題がありますが、それだけでなくドタキャンが多いのも特徴です。

男性は家庭優先、そのため子供の急な発熱・妻の用事などの理由で多くのドタキャンが発生します。例え誕生日のような記念日であっても、どのような約束をしても当日までドタキャンされない保証はありません。

つまり、好きな人と会うことがままならないだけでなく、会えるはずの日でも会えなくなることが不倫には多々あるのです。

(2) 幸せな未来が存在しない 

好きな男性と付き合う時、その男性とどのような未来を描くでしょうか。いつかは結婚して一緒に暮らし、子供を産んで幸せな未来を築きたい…おそらくそう考える女性がほとんどでしょう。

しかし、不倫の恋に幸せな未来は存在せず、その先に待っているのは辛い別れです。略奪愛・略奪婚などのケースはありますが、それは稀な上に周りからも祝福されず、まさに「今だけ楽しい」という恋愛になってしまいます。

2.  代償が大きい

人間は何か行動をする時、そこに伴う代償を想像して実際に行動するかを判断します。身近な例をあげれば、「転職」もそのひとつで、給料は高くなる一方で仕事がきつくなるという代償を想像し、転職するかしないかの決断を下します。

その意味では不倫の恋の代償は非常に大きく、不倫の恋で人生を崩壊させかねません。その代償を覚悟してまで、本当に不倫の恋に臨めるでしょうか。

(1) 慰謝料の支払い 

言うまでもなく、この慰謝料は口頭による脅しの類いではありません。

不倫が発覚すれば、男性の妻が不倫相手の女性を訴える可能性があり、そうなると慰謝料の支払いが発生します。もちろん、男性にも責任があるでしょう。しかし、既婚者と知りつつ交際した相手にも弁解の余地はなく、場合によっては高額な慰謝料の支払いが必要になるのです。

(2) 犯罪に巻き込まれる危険性 

不倫は時に事件へと発展し、男性の妻が女性を傷つける事件が起こることもあります。

実際、このような事件で被害者となった女性は数多くいて、状況によっては自分自身が加害者になってしまう可能性もないとは言い切れません。

どちらにしても人生は完全に崩壊…そうなってしまえば今の生活を全て失ってしまうでしょう。

不倫は犯罪にまきこまれて、身体を危険にさらす可能性もあるのです。

 

ある行動を起こす時、大抵はそのメリットとデメリットを考えて行動するかを決めるのが普通です。

しかし不倫の場合は例外です。なぜなら不倫をすることはメリットよりも、デメリットで溢れているからです。あえて不倫のメリットをあげるなら、それは「ひとときの幸せ」のみで、あとは人生を台無しにするデメリットしかないのが不倫の現実です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 不倫に憧れるのは間違い!イメージとは違う…その厳しい現実とは
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。