大人女子のためのWebメディア
検索
2020年11月13日更新

「超疲れる…」彼氏からの束縛をやめさせる方法

「超疲れる…」彼氏からの束縛をやめさせる方法画像

付き合う前は全くそんなことなかったのに、付き合った途端に束縛してくる男性っていますよね。

最初のうちは『私のこと好きなんだな』とか『可愛いものだな』なんて考えられていても、しばらくそれが続くとだんだんと疲れてきます。

かといって「やめて」と言っても簡単にやめてくれないのがまた辛いところ。

今回の記事では、彼氏から束縛をやめさせる方法について解説していきます。

まずは束縛の原因を知るところから

他人の行動を変えるのって本当に難しいこと。

相手に変わってもらうためには、まず相手がなぜ束縛をしたがるのか、その原因と背景を知ることが大切です。

その原因に対して直接働きかけていくことによって、初めて相手の行動を変えることができます。

 

束縛をする人の背景に隠されているのは、『人から愛される自信がない』という気持ち。

これは、過去に浮気をされたトラウマだったり、複雑な家庭環境で育ったりといった過去の経験からくることが多いと言われています。

ただし、当然束縛の原因は人によって微妙に異なりますから、『こんなことを思っているんだろうな』と決めつけて行動するのではなく、相手の気持ちを柔軟に受け止める姿勢を持つことも大切です。

怒ってもあまり効果は無い

束縛をしてくる相手に対して「なんでそんなに束縛するの!やめて!」と怒ってもあまり効果はありません。

なぜなら、『やっぱり俺以外の男と遊びたいんだ』とネガティブな結論に結び付けてしまい、より束縛がきつくなる可能性が高いからです。

もちろん「怒ってはダメ」とは言いません。自分の感情を抑えて付き合い続けているとあなた自身が疲れ果ててしまうからです。

相手の自信を高めてあげよう

相手の束縛をやめさせるためには、相手の『愛される自信がない』という不安を癒すことが一番の近道です。

日頃から相手のことを褒めたり、あなたが相手を好きでいることをしっかりと伝えてみましょう。

また、怒ったり喧嘩になってしまった時には、束縛に対する怒りではなく、「あなたを好きな気持ちを疑われて悲しい」と伝えることも大切。

『俺も信じる努力をしなければ』と思わせることができれば、状況は少しずつ改善されていくでしょう。

 

束縛の原因となる過去のトラウマの内容は人によって微妙に違うものですが、『人から愛される自信がない』という気持ちはほとんどの人に共通しています。

束縛という行動そのものを否定するのではなく、相手の自信を回復させてあげられるような言葉がけをしてみてください。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

悩んで苦しむ時間が大嫌い。だからこそ、嫉妬や依存に苦しまない方法、愛される、モテるための方法を徹底的に確立しました。その方法を記事にまとめて、悩んでいる女性に届けたい。そんな気持ちで配信していきます。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。