大人女子のためのWebメディア
検索

好きな人ができない女性に7つのアドバイス

好きな人ができない女性に7つのアドバイス

日常生活の中で周囲に男性がいるなら、すぐに彼氏ができるように思えますが、そこに好きな男性がいなければ、いくら多くの男性がいても無意味ですよね。好きな男性は意図的にできるものではないので、仕方がないこととも言えるでしょう。

しかし、あまりにも好きな男性ができない状況が続くなら、自分の考え方を見直してみる必要があります。「好きな人がなかなかできない女性」に7つのアドバイスを紹介します。

1. 男性の短所より長所に注目する

減点方式で男性を見る女性は好きな人ができにくい傾向があります。なぜなら、長所よりも短所ばかりが目につく癖がついてしまっているからです。人間誰しも短所はあるものです。短所を見るよりも注目すべきは長所です。

「この人はこんな短所がある」よりも「この人はこんな長所がある」と思った方が男性の魅力に気づきやすいですし、魅力に気づくことで好きな男性も見つかりやすくなります。

2. 付き合いながら好きになるスタイルも考える

好きな男性ができないなら、いっそ付き合いながら男性を好きになるのもひとつの方法です。もちろん、付き合うにはある程度の魅力的と思う男性でなければ難しいですが、逆に少しでも魅力を感じる相手ならとりあえず付き合ってみるというのもアリ。

そもそも男性には付き合わなないと見えない一面もあるため、付き合う前に男性のすべてを把握することは不可能でもあるのです。

3. 妥協する気持ちを持つ

理想が高ければ好きな男性ができる確率は低くなってしまいますし、あまり高望みしすぎるのは問題です。

もちろん、絶対に譲れない部分もあるでしょう。しかし、それ以外の部分は妥協する気持ちも大切です。そもそも完璧な男性などいないのです。

実際、妥協できることが増えれば、その基準を満たす男性に出会える可能性は上がっていくでしょう。

4. 友達からスタートする

好きな男性を探そうとかまえずに、まずは友達を作る感覚で男性と親しくなってみましょう。

男性と知り合い、その男性と友達になる、そして友達付き合いを続けていく中でその男性を好きになる可能性はあります。また、その男性に他の男性を紹介してもらうことも期待もできるため、男性と友達関係を築くことはメリットが多いのです。周囲の男性すべてを恋愛の対象・非対象で判断するのではなく、友達からスタートしてみましょう。

5. 男性を元カレと重ねない

好きな男性ができない女性は、男性を元カレと重ねていることがあります。

例えば、男性がふと口にしたセリフに対して「元カレも同じことを言った」と思い出す女性。そうすると男性と元カレが同じに見えてしまい、男性も元カレと同じタイプの人間だと勝手に判断してしまうのです。

いくら魅力的な男性がいても、元カレと重ねてしまってはその男性個人の本当の魅力には気づけなくなってしまいます。

6. 実質不可能な理想のタイプを掲げない

理想のタイプの条件を複数あげる女性がいますが、その組み合わせが無謀なケースもあります。

例えば、「お金持ちで休日の多い男性」…普通に考えれば稼ぐ男性は仕事が忙しく、そのため休日は少ないのが自然ですよね。そのため、女性はいつまでたっても理想の男性が見つからなくなってしまうのです。

理想のタイプの条件が複数ある女性は、それぞれの組み合わせが可能かどうかを改めて考えてみましょう。

7. 恋愛する気持ちを強く持つ

例えば、ダイエットをするなら気持ちを強く持たなければ成功しませんよね。何かのついでにダイエット効果を期待しても、大抵それは叶わずに終わります。

恋愛も同じで、恋愛するという気持ちを強く持たなければ、積極的な行動をとることはできません。大人になると学生の頃にクラスメイトを好きになるような自然な恋愛は難しく、恋愛する気持ちにならなければ好きな男性は見つからないのです。彼氏が欲しいなら、恋に本気になってみましょう!

 

好きな男性ができない女性はその原因は自分にないと思い、周囲に魅力のない男性が多いことを不満に思うものです。しかし、もしかすると女性の考え方に原因があるのかもしれません。ほんの少し考え方を変えてみるだけで、好きな男性ができることもあるのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。