大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 俺が守らなきゃ…!男性が女性に「力になってあげたい」と思う瞬...
2021年03月17日更新

俺が守らなきゃ…!男性が女性に「力になってあげたい」と思う瞬間

俺が守らなきゃ…!「力になってあげたい」と男性が女性に思う瞬間

男性が女性を好きになる時、男性はその女性に対して「力になってあげたい」と思うことで、庇護欲が刺激されていることがあります。庇護欲が女性を意識する効果を発揮しているのです。

つまり男性を落とすには、いかに相手に「力になってあげたい」と思わせるかが重要になってくるんです。

そこで今回は、男性が女性に「力になってあげたい…」と思う瞬間を紹介します。タイミングや偶然は待っていても起こるとは限りません。あえて自分でその瞬間を作ってしまうのも、恋愛を先に進める手段かもしれませんよ〜。

1. 自分だけが相談されたとわかったとき

男性が「力になってあげたい」と俄然はりきってしまいやすいのが、女性から何か相談をされたときです。しかも、自分だけに相談されているとわかれば、やる気はさらに倍増。「どうにかしてあげなければ…」という使命感を感じる男性も多いです。

基本的に男性が相手の女性に庇護欲を感じるのは、頼りにされていると感じたときです。そして、男性が相手から頼りにされていると感じる行動の一つが、相手からの「相談」なのです。

 

困っていたり悩んでいたり、女性の弱い姿を垣間見てしまったとき、男性は異性として相手の女性を意識しやすくなります。しかも、そんな弱い部分を自分だけに見せているとわかると、相手を女性としてより強く意識するようになります。

力になってあげたいという気持ちがそのまま「ずっと俺だけが彼女の力になってあげたい…」と恋に落ちていきます。

2. 尊敬や憧れの気持ちを出されたとき

男性の気持ちが一番満たされる瞬間は、自尊心をくすぐられたときです。

そのため、男性は仕事に打ち込み、自分が社会でどの位置にいるのかにこだわるようになります。男性には社会的に高い地位でいたいという思いがあるのです。

そんな男性に対して、尊敬や憧れを抱いている女性がいれば、どうにか力になってあげたいという感情を抱きやすくなります。なぜなら、相手よりも高い位置にいる自分であれば、頼られることは当然だと思っているからです。

これは「頼られる=自分は頼られるだけの能力がある」という解釈にもつながり、男性の自尊心がくすぐられます。

一緒にいるとそんなふうに自尊心が満たされることが何度かあれば、自然とその女性と一緒にいたいと思うようにもなりますよね。また男性が女性の力になることが多くなれば、必然的に二人の距離も近くなります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 俺が守らなきゃ…!男性が女性に「力になってあげたい」と思う瞬...