大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 恋愛するのは危険…!?深入りしない方がいい男性の特徴4選
2021年03月18日更新

恋愛するのは危険…!?深入りしない方がいい男性の特徴4選

恋愛するには危険…?!深入りしない方がいい男性の特徴4選

恋する気持ちは自然発生するため、一度恋に落ちてしまえば気持ちを抑えることは難しいです。しかし、好きになった相手によってはその恋が困難な状況になったり、自分の人生が狂ってしまったりすることがあります。

恋は身を滅ぼすという言葉通り、恋に落ちる前にしっかりとその相手を見極めておかないと、毎日「ツライ」と言い続けることになってしまいます。

完全に恋に落ちてしまえばもう止めることはできませんが、恋に落ちる前なら危険な相手とは距離をとることは可能です。深入りしてはいけない男性の特徴を知っておき、あえて近づかないようにするだけでも、恋愛でハッピーになれるかが変わってくることを覚えておいてくださいね!

1. 既婚者・彼女持ちの男性

深入りしてはいけない男性の筆頭が、既婚男性と彼女持ちの男性。すでに他に相手がいる男性の気持ちをこちらに向けるのは、フリーの男性を相手にするより非常に難易度が高くなります。

下手をすれば、振り向いたと思っていたら遊ばれただけだった…という最悪の結果を招くことになる可能性も。また、たとえ彼の気持ちが手に入ったとしても、今のパートナーと別れる別れないで揉めることは否めません。

 

特に既婚者の男性と不倫して、相手の男性が本当に離婚するというのはかなりハードルが高いです。相手の奥さんに慰謝料をとられることは必至で、お互いにかなりの出費も覚悟しなくてはいけません。相手の男性だけでなく、自分にも数百万単位の慰謝料を請求される可能性もあるのです。

2. 連絡がしつこい男性

連絡が妙にしつこいと感じる男性にも要注意。特に、LINEでこちらが返信していないのに追撃LINEを送ってくるタイプの男性は危険です。

女性はLINEのやりとりが好きな人が多く、よくLINEを送ってきてくれる男性には好感を持つでしょう。また、つい男性の愛情をLINEの連絡回数で計ってしまうこともありますよね。LINEでのやりとりが多い男性に対して、好きだからマメに連絡をしてくれるのだと思うかもしれません。

 

しかし、連絡回数が多いからその男性がマメだと思うのは注意が必要です。本当に誠実と言える男性とは、きちんと相手の返信(気持ち)を待ってから、自分の気持ちを返します。こちらがまだ返信をしていないのに、自分の気持ちだけを伝えてくる男性は、自己中心的な性格かもしれません。

そのまま深入りして距離が近くなってしまえば、こちらの気持ちをわかってくれなかったり、酌んでくれないことは予測できるはず。彼の連絡にはすぐに返信しなくてはいけない…という常に見張られているような付き合いになる可能性もあるでしょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 恋愛するのは危険…!?深入りしない方がいい男性の特徴4選