大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 現実が見えてない?結婚をロマンチックに考え過ぎて失敗する人の...

現実が見えてない?結婚をロマンチックに考え過ぎて失敗する人の特徴

結婚は人生において重要な決断の一つですが、あまり希望的観測に基づいた結婚をしてしまうと、現実とロマンとのギャップに挫けてしまうかもしれません。今回は結婚に夢を抱きすぎて失敗してしまう人の特徴についてご紹介します。

好きな気持ちだけで結婚する

結婚をするうえで、相手をどれだけ愛しているかというのは重要なポイントです。しかし「好き」という気持ちさえあればほかのすべての要素がどうでもいいというわけではありません。

例えば、いくら好きだからといって職業が不安定な人と結婚して家庭を持っても、彼の収入が不安定になるたびに生活水準も揺れ動くことになるので、大変な苦労やストレスとなってしまうでしょう。

場合によっては、あなたがメインで稼いで家計を支えなければいけない状況に陥る可能性もあります。いくら好きだからと言ってもそれだけでは結婚を決めず、相手の生活力を冷静に見ることは最低限必要でしょう。

実は面食い

ロマンチックな結婚生活を思い描いて失敗する人の特徴のひとつが、面食いであることです。自分の好みの顔の男性と結婚すれば毎日幸せな日々が過ごせると考えるのはおかしなことではありませんが、その多くは思い通りにはいきません。

顔がかっこよい男性もそのほとんどは自然体でそうなっているわけではなく、しっかりとしたケアや髪形のセットなどを行ってその総合力でイケメンになっているのです。

結婚して一緒に暮らすとなれば当然そうした「整える前」の状態を見る事にもなり、イケメンではない状態の彼も受け入れなければならなくなります。また今後、体型などが変わっていく可能性も十分にあります。顔目当ての人との結婚は失望する危険性が高いと言えるでしょう。

ロナンチックな新婚生活が送れると思っている

彼とのロマンチックなデートを繰り返すうちに「彼と結婚すれば毎日こんな幸せな時間が過ごせる」と思い、結婚を決断するのも、結婚に夢見がちな女性にみられる共通項です。

デートというのは当然男性も事前に入念な準備をして、女性を最大限おもてなししています。結婚して一緒に暮らすとなると、ずっといい部分だけを見せることはできませんし、当然特別扱いされるシーンも減っていきます。

お姫様として扱ってもらえない、生活感溢れる結婚生活に後悔するパターンは少なくないでしょう。

『結婚=生活』都合のいいことばかりではない

結婚を後悔する女性には、恋人時代に彼氏からしてもらったことが結婚後もずっと続くと考えていた人が多いようです。しかし、結婚とは夫婦で支えあう事であり、彼が今まで以上に尽くしてくれることではありません。結婚とはお互いが対等なパートナーになる契約である事を覚えておきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 現実が見えてない?結婚をロマンチックに考え過ぎて失敗する人の...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。