大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 怒らせちゃった…男性の《怒り方別》に効果的な謝り方を解説
2020年12月26日更新

怒らせちゃった…男性の《怒り方別》に効果的な謝り方を解説

彼氏とケンカをして怒らせてしまったとき、どうやって仲直りすればいいのか頭を悩ませますよね。謝り方次第では、もっと彼を怒らせてしまうこともあるので、男性の怒り方別に効果的な謝り方を知っておきましょう。

無視する場合

怒った時に彼女のことを無視するタイプの男性もいますよね。何を話しても聞く耳を持ってくれず無反応だと、悲しくなってしまうのではないでしょうか。また、電話やLINEなどでケンカをした時、既読無視をしたり電話に出なかったりして自分の怒りを表現する男性もいます。

ずっと無視をしてくる場合は、しつこく話しかけてしまうと逆効果になります。男性の気持ちが落ち着くまで放っておいたほうがいいでしょう。自分が悪かった場合は、言い訳をしたりすると印象が良くないので、「〇〇をしてごめんね」などと分かりやすく伝えるようにしてみてください。

怒鳴ってくる場合

ケンカをする時に、気持ちを抑えられず怒鳴ってくる男性もいるのではないでしょうか。大きな声を出されてしまうと、それだけで怖くなってしまいますよね。頭に血が上っている状態なので、「ごめんね」などと一度謝ってから、すぐに距離を取るようにするといいでしょう。

相手が原因なのに逆切れをして怒ってくる場合は、二人の関係を見直すタイミングかもしれません。もし自分では手を付けられない状態なら、第三者に助けを求めることも大切です。

出ていってしまう場合

一緒にいる時にケンカをした場合、部屋から飛び出して行ってしまったりするなど、目の前から消えることもあるでしょう。しっかり話し合って解決したいのに、その場からいなくなってしまったらどうしようもありませんよね。

自分の気持ちを落ち着けてから、メールで謝るのも一つの方法です。メールは長文にならないように気を付けて、簡潔に書いてください。次に会った時にもう一度直接謝ると仲直りしやすいのではないでしょうか。

怒ってないと嘘をつく場合

男性の中には、明らかに怒っている様子なのに、怒っていないと嘘をつく方もいますよね。そんな時に、「怒ってるじゃん」などとしつこく言ってしまうと関係が悪化してしまいます。

何事もなかったかのように振舞いながら過ごし、普段通りになってきたと思った時に、「さっきはごめんね」などとさりげなく謝るようにしましょう。

彼の怒り方に合わせた謝り方を心がけよう

ケンカをすると気分が悪くなるため、出来るだけ早く仲直りしたいですよね。相手に合わせた謝り方を取り入れることで、スムーズに二人の関係を良くすることが出来るようになるでしょう。しかし、相手がすごく怒っていたりして手が付けられない場合は、自分で解決せずに第三者を頼ってください。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 怒らせちゃった…男性の《怒り方別》に効果的な謝り方を解説
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。